2015-02-24

「わが闘争(Mein Kampf)」は、歴史のツール、またはヒトラーの墓を越える声?

電子ブック人物戦争と平和政治犯罪と裁判言語

ワシントンポスト(Washington Post)は、傷つけた大冊の古いコピーは、広大なBSN(Bayerische Staatsbibliothek/バイエルン州立図書館Bavarian State Library)の暗い休憩時間に、安全な「毒キャビネット(poison cabinet)」文学的な危険ゾーンに保持されている。

エキスパート・チームは、それを見るために、無駄な奇妙、またはそれを高めることに努めることができる人々ののぞき込み目から有毒なテキストを遠ざけてすべての要求を調べる。

彼が、憎悪のアドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)の自伝的な宣言「Mein Kampf」の初版を、限定された図書閲覧室のテーブルに慎重に置いた時に、「この本は一般大衆のために危険すぎる」ライブラリ歴史家フロリアンセップ(library historian Florian Sepp)が警告した。

しかし、確実な歴史のツールであって、本から突然口が表れて、噛みつきに来ることはない。

それにもかかわらず、一度、一種のナチスのバイブルとして、役立った本は、第2次世界大戦の終わり以来、国内の増刷から締め出されたが、もうすぐアルプスからバルト海にあるドイツの書店に戻る。

何年もの間再発行の禁止は、バイエルン州の状態によって支持された。

それは、それを複写することで、ドイツの著作権および法律上妨げられた試みを所有している。

しかし、それらの権利は12月に期限切れになり、ここの最初の新しい印刷ランは、まさしく来年早く、ヒトラーの死以来出版される。

つまり、「わが闘争(Mein Kampf)」は、著作権フリーになる。

新しい版は、書かれた言葉の歴史、反ユダヤ主義、および潜在的なパワーについての熱心な討論をスプーンでかき混ぜて、そのオリジナルのドイツ語で、重く解説されたボリュームである。

本の再発行は、批評家の無念さにドイツの納税者により効果的に資金提供されている。

その人は、新しい版を生み出し、出版する歴史の社会に出資する。

野心的なファシスト、新しい再版、今月言われるグループのためのハウツーもののガイドブックがその代わりに不可欠なアカデミックなツールであるよりはむしろ、2,000ページのボリュームは原文より多くの批判と分析でパックした。

それでも、相手はグローバルな復興の中央で、ドイツの著作権のため妨害されていないので仰天している。その部分では、ヨーロッパの上昇している反ユダヤ主義の本が一度に出ていること、およびそれゆえに、英語および他の外国産言語バージョン「わが闘争(Mein Kampf)」の他の外国産言語バージョンがある。

ドイツの当局は、ドイツの販売を禁止するために、アマゾン・コムなどのオンラインの売り手によって取引を打ったけれども、「わが闘争(Mein Kampf)」の新しいコピーは、地球のまわりのインターネットを経て広く入手可能になった。

インドの小売店では、それがヒンズー教の国家主義者のための自助本として強い人気を楽しんでいる。

日本では漫画本版が出された。

新しい1世代のファンは、また、ヨーロッパの極右の急増ランクの間で立ち上がる。

例えば、ギリシャのネオ・ナチゴールデン夜明けパーティー(The neo-Nazi Golden Dawn party in Greece)は、アテネのその書店で「わが闘争(Mein Kampf)」を仕入れた。

新しいボリュームで提供された学究的な文脈を問わず、批評家は、新しいドイツ版が、墓を越えてヒトラーの声が上がることを最終的に可能にすると言っている。

「私は、注釈を持つでさえ『わが闘争(Mein Kampf)』の出版に完全に反対である。あなたは悪魔を解説することができるか?あなたはヒトラーのような人を解説することができるか?」民主主義のための、反セム族的気質に対するベルリンベースのユダヤ人フォーラムのためといわれているレビ・サロモン(Levi Salomon)スポークスマンは言っている。

しかし、そこの1冊の本があり,それをどう読むかは、読者に任せる意外にない。
「この本は人のロジックの外にある。」

否定意外 、新しい版は政治的な焼きジャガイモになり、どれほど現代のドイツがその過去を扱うべきであるかで、いつも無器用な問題を説明する。

例えば、最初、バイエルン州は、歴史の目的のための新しい版の出版を直接サポートするために、US$575,000を誓約した。

しかし、それはバイエルン知事の2012年訪問の後に、イスラエルで退却した。

バイエルン州が、出版に協力することが,どれほど危険かを知らなかったとしたら,幼稚すぎる。

ドイツは,ときどきこのような大馬鹿をする。それは日本の政治家でも起こる。

例えば,民主党の東北大震災後、放射能に汚染された野菜や水への対応は,およそ政治的ではなく、餓鬼の浅知恵であった。

あのような人が国民をどこへ誘導しようとするのか?
地獄へ先導するのであれば,政治家を辞めるべきである。

そこで、彼は、ホロコースト生存者から、提案のしぼんでいる批判を聞いた。

それは、州立組織を、新しい版と同時代人歴史のミュンヘンの研究所¥を困って外に出させておいた。

1940年代遅く以来、研究所は、ヒトラーのスピーチなどの解説されたテキストを外に出してナチスの時代の上昇と余波を分析する。

それがまだ出版しないで、形を解説した単一の最も重要な仕事は、実のところ「わが闘争(Mein Kampf)」である。

2012年以来、それは、著作権の満了の準備で新しい版において働いている学者チームを持っている。


反対の合唱団にもかかわらず、特にユダヤ人グループおよびホロコースト生存者から、研究所は、出資して、出版を進めると決めたその総予算から、その仕事は、バイエルン州が、他の研究目的のためのオリジナルの授与物を保持することを可能にしたという事実より容易にした。

研究所の副ディレクターであるマグナス・ブレヒトケン(Magnus Brechtken, the institute’s deputy director)は。「そのようなドラマチックな役割を果たした本が再び一般大衆に利用可能にされる時に、私は直ちにいくつかが心地悪いと感じていると理解している。」
「一方で、私は、これが、歴史の教育と教化を伝達するための有益な方法でもあると思う。正確に、ずっと再びこれらの外傷のイベントが起こることを防止する適切なコメントを持つ出版物。」と言った。

その学者ぶったスタイルで、「わが闘争(Mein Kampf)」のための文学的な批評家によりパンされた散歩し、反復性の作品は、1923年11月に、ミュンヘンで、失敗するナチスの起立の後に、バイエルン州の刑務所で、ヒトラーにより製図された。

それは最初、1925年と1926年に2巻において出版されて、共同の版は一種のナチスのハンドブックを形成した。

第三帝国の時に アーリア人新婚に分け与えられたいくつかのドイツの都市でコピーの外で結婚の贈り物として活用された。

本は、ホロコースト「永遠の寄生虫、肥沃な飼育場がそれに利用可能にされる時にいつでも悪性のバクテリア属のように急速に広がるたかり屋であり続ける。」ための土台も置いた。

ポピュラーな信念は、「わが闘争(Mein Kampf)」反して、または「私の苦闘」は、決して戦後のドイツに禁止されなかった、その増刷だけが禁止であった。

1945の前の存在の1240万を超えるコピーで、数十万は、残存すると考えられる。

古いコピーは古書店でまだ売られうる。

しかし、パブリックアクセスは、一般に、ミュンヘンで、ここのライブラリなどの少しの限定された宝庫に制限された。

それはすでに偽善であり、滑稽なピエロである。
例えば、eBayでは、絶えずハーケンクロイツのグッズと共に売られている。
私が購入したドイル印刷史の扉には,「ハイル・ヒトラー(Heil Hitler)」と書かれている。
学究的な必要または歴史の研究に基づき、それはviewingsを許すだけである。

バイエルンの当局は、また、「わが闘争(Mein Kampf)」をオンラインで出版することに努めた人々と追いつ追われつで、可能な時にいつでもインターネットに投稿されたドイツ言語バージョンを塞ぐために作動する。

マグナス・ブレヒトケンは、例えば、新しい印刷バージョンを指摘し、ヒトラーはどのように彼の見方を他の関係筋から借りるようで、それは彼の人種差別主義者主張に反駁するか。

バイエルンの役員は、彼らが、刺激-憎悪法を、未来に、解説されなかったバージョンを出版するどのような試みにでも適用することに努めるとも言った。

しかし、これまでに、彼らは、彼らが、研究所の拡張されたバージョンの出版を妨げることに努めないと言い、利点それを引用し、歴史の研究にもたらすかもしれない。

まだ、声の反対は成長しているようである。

ミュンヘンのユダヤ人のコミュニティのヘッドであるシャーロット・ノブロック(Charlotte Knobloch, head of the Jewish community in Munich)は、最初プロジェクトが浮上した時に彼女がそれに精力的に反対しなかったと言った。

しかし、彼女のポジションで、連絡を憤慨したホロコースト生存者から受けた後に硬化したと彼女は言った。

「この本は最も悪い;それはホロコーストのための最も悪い反ユダヤ主義のパンフレットとガイドブックである。」
「それは、いったん再び開かれたら、閉じられえないであろうパンドラの箱である。」と、彼女は言った。

Stephanie Kirchner in Berlin contributed to this report.

ただし、個人的に読みもしないで反対したり,非難するには良くない。
戦いにもならない。

2015-01-14---私の祖父はなぜ、ヒトラーの『Mein Kampf(わが闘争)』を翻訳したか?
2014-11-03---ヒトラーが持っていた「Mein Kampf」の個人のコピーは、評価を下げた。
2014-02-27---ヒトラーのサイン入り「わが闘争(Mein Kampf)」は、US$65,000。
2013-07-15---タイの大学で、スーパー・ヒーローとしてアドルフ・ヒトラーを提示!
2013-06-19---北朝鮮は、ヒトラー「Mein Kampf」配布報告を非難した。
2013-02-22---アドルフ・ヒトラー、フランケンシュタインは、インドの選挙で出馬している。
2012-04-25---ヒトラーのマニフェスト「Mein Kampf(我が闘争)」の著作権。
2009-07-23---明確な「ナチ格言(Nazi gnomes)」がアートになった。