2015-02-24

2022 ワールドカップ・トーナメントは11月と12月の間に設定。

スポーツ

BBC Newsは、Fifaタスク・フォースは、カタールの2022ワールドカップ(The 2022 World Cup in Qatar)は11月と12月に起こるように、勧めたと報告した。

キー・フットボール役員は、夏のイベントがプレーヤーとファンの健康を危険にさらす心配に続いて、多くのオプションを議論するために、ドーハ(Doha)で会った。

11月と12月のそれらが約25Cに落ちる間、カタールの夏の温度は40Cを越えているかもしれない。

火曜日の推薦が03月19日と20日のチューリヒのFifa実行委員会により批准されることが期待されている。

タスク・フォースチーフのシェルカー・サルマン・ビン・エブラヒム・アル-ハーリファ(Taskforce chief Sheikh Salman bin Ebrahim Al-Khalifa)は、数日で2022トーナメントが短縮されるようにも勧めた。

すでに、11月26日にトーナメントが始めて、12月23日に終わるかもしれない憶測があった。

しかし、Fifaは、すでに、32のチームまたは64のマッチからトーナメントのサイズを減らす計画が全然ないと言っていた。

11月の12月はなぜ選ばれたか?

考慮中の他の日付は5月と1月から2月であった。

ステートメントにおいて、Fifaは、多くのオプションが議論されたけれども、11月から12月が最もよい季節で、それゆえであると思うと言った。
1月から2月のトーナメントは冬季オリンピックによって衝突する。
ラマダンの月は2022年04月02日に始まる
カタールの熱い条件は、05月から09月に広がる
Fifa書記長ジェローム・バルジェ(Jerome Valcke)は言った。
すべてのオプションに「長所と短所」があったけれども、「1つの解決策」が11月から12月であると言った。

シェルカー・サルマン・ビン・エブラヒム・アル-ハーリファは、「私達は、様々な意見の慎重な考慮、およびすべてのステークホルダーとの詳細な議論の後に、私達が、一般に2018-2024国際的マッチカレンダーとフットボールの最もよい解決策であると信じるものを識別したことが非常にうれしい。」
「それは挑発的な仕事であり、私は、誰のためにも働くことができる」と「私達が信じる解決策を見つけるのに役立っている時にそれらの生産的なインプットと積極性をフットボールコミュニティのすべてのメンバーに感謝したい。」と追加した。

12月23日の最終版はどうか?

Fifa副プレジデントであるジム・(Jim Boyce)ボイスは,
ワールドカップを冬に移動させることが「常識」決定であったけれども、12月23日の決勝はクリスマスと伝統的な祝祭マッチに近すぎる。

「それは、私が持っている唯一の予約であり、私は1週早く、それが欲しい。」と、ボイスは言った。
「しかし、私は、Fifa実行委員会会合まで、日付についてのすべての詳細を聞くことを待ちたい。」

現在何が起こるか?

BBCラジオ5 liveのスポーツのニュースレポーターリチャード・コンウェイ(Richard Conway)は、ヨーロッパの導きが同盟すると言い、クラブは負け「この議論」の後にだめにされたけれども、日付をめぐっての口論が長引くことを示したと言った。

「それは長い方法によって物語の終わりではないけれども、カタールの組織者は、本当の2022ワールドカップのために建てることと計画を立てることのたぶんこれが開始であることを期待する」と、彼は付け加えた。

使用可能な冬ワールドカップ?

あなたが誰を信じるかに依拠している。

Fifa副プレジデントのジム・ボイスは言った。
11月と12月のトーナメントは「たくさんの分裂を起こす。」けれども、「それは向こうの8年であり、人々には、追加され、それを作動させるのに十分な時間がある。」
しかし、イギリスプレミア・リーグ側ストーク都市の会長ピーターコーツ(Peter Coates, chairman of English Premier League side Stoke City)は状況を「災害(disaster)」と評した。

彼は、ライブであるBBCラジオ5で、「唯一の取り柄は、私達が長い間それについて考える必要がないことである。」
「計画は続き、それは信じられないほど難しい。それはより破壊的であるはずがない。それはより乱雑であるはずがない。」と話した。

インパクトは何でイギリス国内ゲームにあるか?

イギリスのフットボールのプレミア・リーグは、それがタイトル口論に起こす分裂、およびその放送パートナーのスケジュールにおいてそれが作成するホールを与えられる冬のトーナメントに強く反対した。

11月と12月のワールドカップは、8月から5月に動いているイギリスの国内の季節によってサッカー連盟、FAカップ、およびリーグカップにも影響する。

スコットランドのリーグとカップ競技会は、他の国際的なチームのためにプレーヤーが電話することとトーナメントの代表チームのための資格を得分裂にも直面しているかもしれない。

ウェールズと北アイルランドの国内のリーグは、それほどそれらのプレーヤーが無国際の大部分によって影響されそうではない。

そして、ヨーロッパの残り?

ヨーロッパの一番上のリーグの多くは、4月から5月のソリューションがそれらの国内のプログラムに粉砕を最小化してほしかった。

イギリスプレミア・リーグ取締役会長リチャード・スクードモー(nglish Premier League chief executive Richard Scudamore)によると、それはヨーロッパのリーグであり、「最も多くを被る」クラブおよびドーハの火曜日の会の間にそこで議論がほとんど要求されなかった。

「私達はだいたい話されたそれゆえ失望 。」と、スクードモーは言った。

考慮するために、チャンピオンリーグとエウロペリーグもあり、グループ試合は11月と12月に通常起こる。

しかし、ヨーロッパの制御ボディUefaはタスク・フォース推薦を支持して出た。

それは、「その競技会を2022/23季節に予定変更する時に、主要問題を全然見ない」 を強く主張するステートメントを出した。

世界の残りはどうか?

アフリカの役員はタスク・フォースの推薦に合意し、事実にもかかわらず、それらは、確かに、ほとんどその1月の2月のスロットから2023アフリカ選手権を動かす必要がある。

アフリカフットボールの広報ディレクタージュニア・ビンヤムの連合(Confederation of African Football's director of communications Junior Binyam)は、それが「100%」という提案をバックさせていると言った。

北アメリカについて、それが3月から10月の終わりまで動くので、米国のメジャーリーグ・サッカー季節は影響を受けない。

ここでは、誰も指摘していないが、真夏に予選を戦った日本は唯一、1993年10月28日にアル・アハリ・スタジアム(Al Ahli Stadium)で起こった「ドーハの悲劇」を経験している。

馬鹿は、日本選手を攻撃するが、攻撃されるのはFIFA。日本サッカー協会である。
ヨーロッパ人は、サッカーをする環境ではないと言っている。

予選リーグも真夏のアラブでの戦いは止めよう!

なぜ、日本のサッカー協会は大声でクレームを訴えないのか!
だから、世界中から馬鹿にされる。

本来なら、ドーハの喜劇と言うべきだろう。