2015-02-24

Googleのブログ・プラットフォームはポルノ、他の性的に明示的なイメージを禁止。

性とメディア犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、GoogleのBloggerで、ポルノおよび他の性的に明示的なイメージを禁止するGoogleが与えるユーザーは従うか、または公的なブログを主催することを禁止すると報告した。

ユーザーは、すべての「性的な明示的またはグラフィック裸イメージまたはビデオ」を書き留めなければならないか、または、それらのサイトは2015年03月23日に秘密にされる。

新しい方針はサイトの前の方針から変化をマークする。Googleは、「裸または性的な活動を含んでいるイメージまたはビデオ」を許し、ユーザーに、「おとな」のようなブログをマークするように単に頼んだ。

もしブログの管理者がそうするならば、サイトは、おとなのコンテンツについて訪問者に話した警告ページの後ろでサイトに置かれるであろう。

ブロガーの制限は、以前に、描かれたそれらの同意なしで違法であったか、またはそれを分担した明示的な内容を禁止しただけである。

Googleは、まだ、「もし内容が例えば芸術的のかなりの公益を提供すること、教育的またはドキュメンタリー、または科学の文脈ならば、」それという裸が言ったと認めている。

もしブロガーがコンテンツを取り除きたくなく、部門を去るほうがよいならば、会社は、ファイルまたはアーカイブとしてブログをダウンロードするオプションを提供する。そのGoogleテイクアウトサービスを使っているその内容 。

しかし、サービスのユーザーは短い注目および方針の明白な反転が不公平であると言った。

「情報に基づき、この時入手可能に私が持っている。私は、見たところ、Googleが、ほんの30日注目によって、それらがブロガーから最も明示的な素材を即座に締め出しているのを発表することが、ユーザーについて失礼なのを発見する。
科学技術者のローレン・ワインスタイン(Lauren Weinstein)は、ブロガーに「それは、そうすることのそれらの権利の範囲内で完全にあるけれども、不在の特定の法的制約、より長い通知の不足、おざなりな操作上であるだけの詳細およびこの変化のための発表で、どのような説明の全体の不足でも極めて期待外れである。」と書いた。

このようなニュースが配信されたので、あえて、Googleが主催するGoogle画像検索で「Porn」を検索してみた。

ところが、完全に違法の児童ポルノからあらゆるポルノが、ほぼ無限にみつかる。

さらに最近、やたらに増えている斬首(beheading)写真もほとんど、Googleの主催するGoogle画像検索で登場する。
それは、Googleの主催するYouTubeでも同じであった。

Googleの主催するGoogle画像検索は、大幅な改造が必要だろう。

規制をする前に、自分の管理している検索サイトを見直すべきだろう。
両方とも、およそ正常な神経の持ち主には感じられない。

多分、Google画像検索は、もっとも違法性が高いWebサイトと言える。

Web審査担当者は、懺悔すべきだろう。

あえて、画像をクリッピングする気にもならなかった。

ドイツの政治家は、幼児ポルノをハードディスクにダウンロードしただけで、政治生命を無くした。
Googleは、幼児ポルノをGoogle画像検索で探せる。

一昔前の独裁者の司法権のように感じる。

2015-02-23---ドイツの政治家の幼児ポルノ裁判。

Related Dates