gaYa広告

2015年02月23日

ピーナッツ・アレルギー。

美容と医学の科学

BBC Newsは、赤ちゃんが、ピーナッツ製品を食べて、アレルギーのリスクをドラマチックに減らすと、研究は示唆する。

ピーナッツ・アレルギーを開発することに陥りやすい628人の赤ちゃんのトライアルで、リスクが80%より多く減らされると気付いた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

キングズ・カレッジ・ロンドン(The King's College London)の研究者は、アレルギー開発が減らされたことが「はじめてである.」と言った。

専門家は、発見は他のアレルギーにあてはまるかもしれず、まわりでダイエットを変更できるけれども、両親に、家で実験しないように警告したと言った。

アレルギーは怖い!
先日、友人が急性アレルギーで窒息死した。

生活環境で、より早くピーナッツを食べ始めたイスラエルのユダヤ人の子供が、イギリスのユダヤ人の子供より10倍低くアレルギーレベルを持っていることを、ロンドンの研究チームは以前に見つけた。

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン(New England Journal of Medicine)で報告されたトライアルにより、すでに湿疹を開発していた4ヶ月くらいの若い赤ちゃんを中心に行われた-アレルギーの早期警戒で、皮膚突き刺しテストは、まだピーナッツ・アレルギーを開発していなかったか、または非常に穏やかな反応だけを持っていた人々を識別するために用いられた。

Randomized Trial of Peanut Consumption in Infants at Risk for Peanut Allergy
George Du Toit, M.B., B.Ch.,
Graham Roberts, D.M.,
Peter H. Sayre, M.D., Ph.D.,
Henry T. Bahnson, M.P.H.,
Suzana Radulovic, M.D.,
Alexandra F. Santos, M.D.,
Helen A. Brough, M.B., B.S.,
Deborah Phippard, Ph.D.,
Monica Basting, M.A.,
Mary Feeney, M.Sc., R.D.,
Victor Turcanu, M.D., Ph.D.,
Michelle L. Sever, M.S.P.H., Ph.D.,
Margarita Gomez Lorenzo, M.D.,
Marshall Plaut, M.D., and
Gideon Lack, M.B., B.Ch. for the LEAP Study Team
N Engl J Med 2015; 372:803-813February 26,
2015DOI: 10.1056/NEJMoa1414850

Comments open through March 4, 2015

5歳未満の子供はチョークのリスクのため全体のピーナッツを食べるべきではない。
従って、ピーナッツベースの軽食が半分で与えられた。
他は半分でピーナッツを避け続けた。

トライアルにより、すべての100人の子供のために普通14人が5歳でアレルギーを開発し続けることが示された。

しかし、これは、療法を持つ100人の子供ごとにちょうど2人に86%落ちた。

すでにピーナッツに敏感になっていた子供でさえ利益を得ていた。それらのアレルギーレートは35%から11%まで低下した。

研究者が、BBCを教えられる教授ギデオン・ラック(Prof Gideon Lack)を送りなさい.「私達のために、アレルギーにおいて実際私達が病気の開発を本当に防止できることに初めて気がつくことがエキサイティングであった。」と言った。

「それは文化において本当のシフトを表している。」

彼は、ハイリスクの子供が「評価される必要は、ほとんどのケースで、ピーナッツの早い入門に[前]に皮膚突き刺しテストおよび食事のアドバイスを持っていた」という。

教授は、不足を「私達は、前のアドバイスに反してこれがとても行くことに気がつくけれども、私達が私達の注意を幼児のこのグループに向けて、ピーナッツ・アレルギーのこの成長流行をせき止めることがとても必須である。」と追加した。

2008年まで、リスクがある場合ファミリーは、ピーナッツ製品およびアレルギー反応の他の関係筋を活動的に避けるように命じられた。

発見は、他の医師から、エキサイトした反応を引き付けて、憶測類似アプローチがある卵たんぱく質などの他のアレルギーによって働くことができる。

大学病院コベントリ、小児科学と子供健康の王室大学のスポークスマン教授サイモン・ムルチ(Prof Simon Murch, from University Hospital Coventry, a spokesman for the Royal College of Paediatrics and Child Health)は、結果は「見事である」と言った。

彼は,「それが、私達の現在のアプローチを向きを変えることにより、よりよい結果が与えられうるのを証明するので、それは潜在的に非常に重要な瞬間である。」
「明らかに、より多くの研究は他の潜在的なアレルゲンにおいて実行される必要があるけれども、それは非常に重要なドキュメントであり、世界中で少なくともピーナッツのための実行を変更しそうである。と言った。

彼は、よりクリーンな家、また現代の食物、本質的なバクテリアが役割を果たしそうであったこととして、前の方針がアレルギーの上昇流れの後ろにあることは「ありそうにない」と付け加えた。

しかし、彼は、家族に、飛び出さず、ピーナッツバターのつぼを買うように警告した。

「これは、目により規定しているボディにより、非常に密接に表されて 場合 必要があり、それは、推薦において変化を引き起こすので、非常に可能である。」と、彼は言った。

「しかし、非常によく実施されるけれども、これは単一の研究である。従って、それは、完全に、あなたがファミリーに推薦できる段階にない。」

ケンブリッジのAddenbrookeの病院の主要なアレルギー専門医アンドリュークラーク博士(Dr Andrew Clark, a leading allergy specialist at Addenbrooke's Hospital in Cambridge)は、昨年、アレルギーの子供が、それらをますます高い一服にゆっくりさらしてピーナッツを許容しているように訓練できると気付いた。

彼は「これは、私達が未来に食物アレルギーを防止しようとする方法で分岐点であるかもしれず、幼年期に、早く、ピーナッツを、幼児に、慎重で、コントロールされた方法で与えて、ピーナッツ・アレルギーの普及を減らすことは、それが可能であるという主義を本当に証明する。」
「けれども、私達が、国際的に有名なセンターでこの研究が実行されたことを覚えているべきである。そして、彼らは厳しい反応のまったく低いリスクで子供を選んだ。」と言った。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。