2015-02-24

米国は、ロシアのハッカーに逮捕の懸賞金US$300万を提供。

犯罪と裁判人物

BBC Newsは、米国はネット犯罪ケースで、これまででもっとも高額のUS$300万(£194万)をロシアのハッカーについての情報に提示したと報告した。

指名手配されたのは、エブゲニー・ボガチェフ(Evgeniy Bogachev)で、米国で昨年、申し立てによると$100万(£64.7m)以上を盗んだ主要なネット犯罪操作の後ろにいることによってチャージされた。

彼には、この前ロシアで会った。そこで、彼は、一般にロシアで残留していると信じられる。

米国がロシアと犯人引き渡し条約を持っていないので、彼を逮捕することは難しいかもしれない。

毒殺された前ロシアのスパイであったアレグサンダー・リトビネンコ(Alexander Litvinenko)の犯人は、今もロシアの中で、捕まえることができない。

ロシアに逃亡した内部告発者エドワード・スノーデン(Edward Snowden)も逮捕できない。

「lucky12345」と「slavik」として知られているエブゲニー・ボガチェフは、100万台を超えるコンピュータを感染させるために、GameOver Zeus攻撃ネットワークを考えだし、それを動かすので告発された。

犠牲者は、悪意に満ちたソフトウェアのマルウェアをダウンロードしてだまされ、その時に特に金融の情報を検索した。

FBIが、そのネットワークを解体すると言った後に、エブゲニー・ボガチェフは、昨年、共謀、ワイヤ、銀行とコンピュータ詐欺、およびマネーロンダリングを含む罪に課された。

彼は、FBIの最高指名手配サイバー犯罪者のうちの1人である。

「彼らがオンラインまたは海外を隠すかどうかにかかわらず、この報酬申し出は、組織犯罪に参加する人々を裁判にかける米国政府の約束を再確認する。」と、米国国務省は言った。

報酬は、エブゲニー・ボガチェフの逮捕または確信をもたらしている情報のために提供されている。

ロイターによると、FBIのサイバー犯罪部門のトップであるジョセフ・デマレスト(Joseph Demarest)は、ロシア内の警備機関が、ネット犯罪において米国と働くことへの興味を表現したけれども、それをエブゲニー・ボガチェフ事件と接続しないと言った。

彼は、機関が60の異なるサイバー脅威グループが国家にリンクすることを知っているが、詳細を伝えないと言った。

ロシアのプーチン大統領は、元KGBであり、なんらかの関係が考えられるかもしれない。

このような賞金は、ロシアのプーチン大統領からの情報を期待しているのかもしれないが、無理だろう。
では、何のための賞金提示か?

2015-02-23---闇Web、管理と、サイバーセキュリティ。
2015-02-17---ドイツで放送されたセンセーショナルなプーチン・ドキュメンタリーの衝撃。
2015-01-27---前ロシア・スパイのアレキサンダーは、2回毒が飲まされた?
2014-07-09---エドワード・スノーデンはロシアで彼の滞在を延長申請。