2015-02-24

米国3州目として、アラスカ州で嗜好用マリフアナが合法化!

麻薬とメディア

AFPは2015年02月25日に、米国アラスカ(Alaska)州で、嗜好(しこう)用マリフアナの使用を認める法律が施行されたと報告した。

米国内で嗜好用マリフアナが合法化されたのはコロラド(Colorado)州とワシントン(Washington)州に次いで3州目になる。

アラスカ州では、昨年11月に中間選挙と並行して行われた住民投票で、嗜好用マリフアナの使用、栽培、所持を合法とする法案がわずかの差で可決された。

アラスカ州の公式ウェブサイトによれば、法律が施行されたことにより、アラスカ州では21歳以上であれば最高28gまでのマリフアナの所持と、最高で6株までの栽培が合法とされることになった。
だが、公共の場でのマリフアナの使用は依然として違法となる。

米国の連邦法下ではマリフアナは依然として違法だが、23州では医療用としてのマリファナの使用が認められている。
また市場調査会社アークビュー・マーケット・リサーチ(Arcview Market Research)の報告によると、2020年までに米国内ではさらに14州で嗜好用マリフアナが合法化される見込みだと言っている。

昔からマリファナの吸引で有名であったカリフォルニア、勝新太郎が捕まったハワイもいずれ合法化されるだろう。

2015-02-23---マリファナは、以前に考えられたより、安全であるかもしれない。
2015-02-19---インド麻に対する新しいアプローチは、めまいを起こさせる。
2015-02-05---アメリカでトップの医者は、マリファナが身体良いと認めた。
2014-12-26---マリファナ研究調査。合法化したコロラドでマリファナ使用が増大。
2014-12-18---ネブラスカ州とオクラホマ州は、合法マリファナでコロラドを訴える。
2014-01-21---アメリカのマリファナの歴史。
2014-01-01---米国のコロラド州で、マリファナが合法的に売り出された。
2014-01-01---米国で最初のレクリエーション用マリファナ店で知る10の疑問。
2014-01-01---レクリエーション・マリファナ販売1日目、知っておくべき10のこと。
2013-12-21---前世界ユダヤ人会議の会頭エドガー・ブロンフマンが死去。
2013-12-11---世界初、ウルグアイは、マリフアナ全面合法化。
2013-08-16---シアトル公園で、3日間のマリファナ・フェストが復活!?
2013-05-31---元マイクロソフトの役員は、「マリファナ・チェーン」を立ち上げた。
2013-05-07---ワシントンで合法化されたマリファナは、好景気に結びつくか?
2013-01-01---コロラドで、合法的な会員制マリファナ・クラブが誕生!
2012-12-19---たばこメーカーのジャンプアップは、マリファナ市場への進出?
2012-12-14---オバマ大統領は、マリファナを合法化した州には行かない!
2012-11-26---米国の公立大学は、マリファナ専門の研究所を開設した。
2012-11-15---マリファナを合法化した米国の都市の警察は、マリファナ運転を心配。
2012-11-07---米国麻薬との戦いに挑戦する2つの州のポット投票。
2012-08-15---ヘロイン、モルヒネ中毒は、医学的に治せる!
1933-12-05---ユタ州が最後に、禁酒法を終わらせた。
1919-10-28---米国で禁酒法成立。