2015-02-24

ヨーロッパは3月20日の朝に、暗黒を迎える。

自然宇宙

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、イギリスは空が覆われ、エネルギー供給が危険にさらされ、2015年03月20日に暗黒の朝を迎えると報告した。

その日食は、ヨーロッパで部分日食により日光の約90%を阻止される。
スコットランドでは、それが94%になる。

そして、電気供給品は、現在ヨーロッパの電源のそんなに多くが、太陽エネルギーに依存しているので、緊張を取り去ることができないかもしれない。

これは1999年の有名な日食以来、最も過激である。しかし、1999年のエネルギー供給はほんの0.1%が、ソーラーから来た。今や、ヨーロッパのグリーン・エネルギーの10.5%は、そのような源泉から来ている。

その損害額は、想像以上に大きい。

「日食は前に起こったことがあるけれども、適切な対策なしで、インストールされた光電池のエネルギー世代の増加、出来事のリスクのため重大であるかもしれない」と、電気のためのトランスミッションシステム・オペレーターのヨーロッパネットワークは言い、エネルギーを保証するグループは、ヨーロッパを横切って適切に配布される。

ちょうどヨーロッパが仕事に向けると、停電は電気プロバイダーに3月20日の朝、いっそう多くのプレッシャーを受ける。

それは8.45amでイギリスから始まる。最大の食は、月が太陽の中間の近くにある時で、9.31amになる。
このイベントは10.41amで終わる。

最後の主要な日食は1999年8月に起こった。それは、1927年以来イギリスで見られた最初の皆既日食であった。