2015年02月23日

イギリスの女性は、毎日風呂かシャワーを浴びるとは限らない。

美容と医学の科学

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、新しい研究によれば、非常に疲れるので、イギリスの女性の大多数は毎日入浴か、シャワーを浴びないことを明らかにしたと報告した。

調査は、3人の女性に1ひとは、顔またはボディを全然洗わないか、または拭かずに3日間を過ごしたと認めていることも示した。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

女性の約57%は衛生の重要性を認めたけれど、それらに、ベッドの前の入浴、シャワーを浴びる時間がないと伝えて、代わりに、フレッシュアップに、拭くと決めた。

フリント+フリント(Flint + Flint)は、スキンケア範囲の近くde2,000人を超える女性の調査は、夜の後にベッドの前で女性の60%より多くにおいてそれらの化粧を落とさないことも示した。それらの発言それらの35%は、十分な睡眠を得ることについて心配していた。

それらが朝に洗ったかどうかが尋ねられて、女性の5人だけが、シャワーまたは毎日彼らがシャワーを浴びると伝えて、30%より多くは、時間に3日間洗わないことを明らかにした。

しかし、参加者の92%は、それらがスキンケア政権の重要性を理解し、睡眠と脱水の不足などのライフスタイルファクターで、それらの皮膚の外観に影響を与えることができると認めていると伝えていた。

調査された女性の約90%は、朝または夕方それらが非常に疲れていたので、それらが衛生を改善しないと伝えていた。

NHSは、衛生の基本的なレベルを維持するために、人がそれらの顔を洗い、毎日にそれらの歯にブラシをかけなければならないようにアドバイスする。
トイレを使った後に、それらを掃除しなさい。
1日ごとに、それらの生殖器、肛門のエリアを洗いなさい。
そして完全に風呂またはシャワー1週あたり最低2回使いなさい。

ヨーロッパの人は、風呂に入ることは1年1回くらいで、ほとんどシャワーだけである。
また、石けんで体中洗うことも少ない。

フリント+フリントのオーナーであるマキシンフリント(Flint + Flint owner Maxine Flint)は、会社は調査のため「警告される」と言った。

「私達は、基本的なスキンケアに続いていることによって、それらの皮膚の世話をしていない女性の量を耳にするために警告された。毎日あなたの正面を掃除し、老化プロセスの速度を落とすために湿気を与えることがそんなに重要である。」

「ライフの今日のペースが速いことは真実であるけれども、きっと、国家として、私達は、洗うために忙しすぎるようにならなかった!」

ただし、表皮には潤いのための油が必要で、風呂などに入って油を毎日落としすぎると、ガサガサになるので、ボディ・オイルは、絶対に必要である。

若いうちが新陳代謝も早いが、年齢と共に急激に新陳代謝が遅くなうこともある。

気が付いたときは手遅れということも多い。

また、夏の汗は、良く拭き取らないと肌荒れの大きな原因になる。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。