2015年02月18日

アフリカ太陽革命に昇っているか?

自然経済

BBC Newsは、太陽はアフリカのエネルギー問題への返答であるか?
アナリストは、2050年までに太陽のパワーが世界のパワーの中で最も大きいソースであるかもしれないと信じている。

そこは、北のケニアのナプー村(Napuu Village)では、道を明るくするように満月の中が最も明るい。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

最も近いメイン発電所まで200km(124マイル)より遠くにあるので、村民が、おしゃべりを聞くことができてのは、村を照らす野外の火のまわり以外、他に何もない。

ここでは、パワーは貴重な物であり、ほんのわずかは、多くが当然と見なすことを楽しむことができる。

しかし、
デイビッド・ロディオ(David Lodio)の小さい家の-2つの部屋が微風ブロックと泥で作った-ライトがある。

彼の家族は、ろうそくなしでテレビ、彼の6人の子供がそれらの宿題をするのを見る。
高価な灯油ランプの必要が全然ない。すべて彼のすず屋根の単一の太陽パネルによる。

「私達が太陽のパネルを使い始めた時には、ライフはよい方法で変わった。」と、デイビッド・ロディは言う。

「私達がこれらのパネルを使い始めた時には、子供はそれらの宿題をうまくすることができて、子供はニュースとフットボールをテレビで見ることができた。私は私の子供の読み書きをよく見ている。」と彼は説明する。

ここの太陽エネルギーは数時間の間続くだけであるけれども、それはこのファミリーを世界に接続させて、12歳ダンカンの野心に燃料を供給する。

「未来に、私は多くの太陽のパネルを持ちたく、従って、私の子供はよく勉強し、それらの試験を通過する-それは私の希望である。」と、彼は言う。

ダンカンは子供であるだけであるけれども、彼は、太陽の与える未来の世代よりよいライフを夢見ている。

ここでナプー村では、ほんのわずかの生活であるが数千家族は、太陽のパワーを持っている。支払う請求書で、デイビッド・ロディオは、彼がより多くの太陽のパネルを持つ余裕がないけれども、助けでもっと買ってほしい瞬間に言う。

「私達は十分なパネルを持っていない。私達がより多くのパネルを得る。私達はエネルギーを寝室とキッチンに手渡すことができる。」と、彼は言う。

「もし政府がより多くのエネルギーを供給できるなら、より多くのパネル、よい政府はナプー村のような地方のエリアをそれが補助できる。」

より太陽の農場はアフリカを横切って建てられている。
Africa. Oneは、キンバリー(Kimberley)の近くで、南アフリカで最も大きいの巨大な太陽農場が80,000を超える家のためのクリーンなエネルギーを発生している。

ガーナには、155メガワット太陽農場が建てられて、また、モロッコにも同様な計画がある。

問題は、特にあなたが、地方のケニアの10人の人々のうちの9人が、メイン電気にアクセスできないと考える時に、より多くのエネルギーが必要であることである。

エネルギーへのこの需要はアフリカの太陽エネルギー起業家での上昇を見た。

ケニアのロドワ(Lodwa, Kenya)で、ジェイコブ・ジュガノ(Jacob Jugano)はソーラーを彼のビジネスにした。
「これはファミリーに向ke、ビジネスとしては良い」と、彼は言う。「[太陽のパネル]で、私達を持つ余裕がない人々のために、まだ小さな太陽ランプを持っている。」

彼のストールはあなたをすべてのタイプの太陽の製品に売ると想像できた。太陽のランプはUS$10(£6.50)かかる一方、パネル、バッテリー、ワイヤ、および電球を含む太陽のキットは、約US$150(£98)かかる。

「より多くの人々がパネルを望んでいるので、太陽はここで非常に高い。もし人々がライトを全然持っていないなら、すべては不可能であru。」と、ジェイコブ・ジュガノは言う。

「もし私達が、より太陽であることになるかもしれないならば、私達は一緒に成長するかもしれない。政府は私達を助けた。それらはVATをソーラーから取り除いた。従って、ソーラーはより安くなった。」

従って、アフリカの太陽革命について?
2050年までに、IEA(International Energy Association/国際エネルギー協会)からのアナリストは、太陽が世界のパワーの中で最も大きいソースであるかもしれないと信じている。

その予測は、クリーンなエネルギーを促進している太陽エネルギーおよび統一感がある政府の政策で続けられた投資のように多くのファクターに基づく。

今日けれどもIEAが、サハラ以南のアフリカのメイン電気なしでまだ5億人を超える人々がいると言っている。

ストックホルム環境研究所からのオリバー・ジョンソン(Oliver Johnson from the Stockholm Environment Institute)は、ソーラーが、アフリカのパワー救済であることがまったくであると信じる。

「進む , 太陽ポータブルカンテラのような物のために発展しているいくつかの本当に興味深い市場がある。いくつかのエキサイティングな物があるけれども、太陽の革命のアイデアは少し強すぎる。」
「まだ、される必要があるたくさんの仕事がある。」と彼は言う。

しかし、ジョンソンは、「たくさんの可能性があり、太陽はここでいつも輝き、あなたには選択肢グリッドオフ解決策が必要であるけれども、そこで、続けられた投資とサポートである必要がある。」と追加した。

「これは長期のプロセスである。これには時間かかり、一夜で起こらない。」と、彼は付け加える。

問題は、たぶん、決してアフリカのメイン電気で、地方のエリアのために意志を取らない。ナプー村において、日本政府から出資された水プロジェクトと太陽パワーによって燃料を補給したことが、ドラマチックな効果がある。

初めて村が新たに持っていること、流水。巨大な太陽パネルは、深いアンダーグラウンドから水を汲み上げるために、エネルギーを作成する。

それは新しい希望をジョセフ・ポペタ(Joseph Lopeta)のような村民に与えた。

彼は言う。プロジェクトの前で、彼は、水を見つけるためにまったく旅行する必要があった.そして、その時でさえ、それはしばしば汚染されていた。

「[プロジェクト]は生命を救い、今や、私達は淡水を持ち、私達は、まわりで微笑むための何かを持っている。」

革命はオフのある方法であるかもしれないけれども、太陽パワーは人々のライフを変更しはじめている。

このような努力が、将来、日本人は友達で、殺してはいけないと言う意識を持ってくれる。

今世界中が危険で、そろそろアメリカの考え方が否定され始めている。

意識改革は、失敗の連続だが、積み重ねが生きてくる。
特別なことではない。

日本には、膨大な中古の太陽パネルが放置されている。

2014-12-27---貧困街を照らすペットボトルの電灯の作り方。
2013-02-20---Vodacomはタンザニアで携帯電話用太陽充電器を発売。
2012-11-26---中国政府、太陽光発電打開策として、アフリカ市場開拓をサポート支援。
2012-11-16---バングラディシュのモバイル・ソーラー・スクール!
2012-08-31---ソーラー・パワーを供給される現在版井戸端会議室ストローベリー・ツリー。
2011-10-13---フランス最大の太陽光発電所が稼働した。
2011-02-02---無償提供ソーラーランプが、ケニア人数万人の生活を向上させた。
2010-07-27---ボーダフォンは、ソーラー・パワー付き携帯電話をインドで提供。
2010-02-25---ドイツで、世界最大の太陽エネルギー船を公開。
2007-10-30---捨てられたチップから、ソーラー・パネルを開発!
2004-10-27---ヨーロッパで最高層のソーラー・ビルディングが登場した。
1981-07-07---最初のソーラー・パワーの航空機が、英仏海峡を横断した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告