2015年02月11日

パキスタンのTelenorのEasypaisaは1300万ユーザーでばく進!

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、パキスタンのTelenorのモバイルの金融サービスのポスターは、子供であるかもしれないけれども、オペレータもその未熟な努力のための希望を他の場所に持っている。
その第4四半期の結果によると、金融サービスは、現在、第4四半期のNOK17億4000万(US$2億2800万)によって、パキスタンのTelenorの全体の収益の9%を占めている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

そして、TelenorパキスタンとTameerミクロファイナンス銀行間のジョイント・ベンチャーEasypaisaは、2014年12月末で1300万人近くの顧客に持っていた。

しかし、Telenorは、9月にスタートしたセルビアのモバイル・バンキング・サービスのための約束している開始も報告した。
12月終わり現在、そのサービスは32,000人の顧客を持っていた。

そして、オペレータは、金融サービススタートのための「ハンガリー、ミャンマー、および他は、同じパイプライン上にある。」と言った。

ハンガリーで、Telenorはスタートしたか、またはNFC-ベースのサービスを推進することに等しく熱中しているローカルなライバルマジャール・テレコム(Magyar Telekom)とボーダフォン(Vodafone)との競争においてモバイル支払いサービスをスタートするために設定される。

活動の洪水は、ハンガリー・モバイル財布協会(Hungarian Mobile Wallet Association)によって長さ1年のパイロットについて行く。

Telenorミャンマーは、人口のほんの6%だけが銀行預金口座を持っている国の携帯電話を経た基本的な金融サービスを提供することを目標として、モバイル・バンキングを提供するために、Yoma銀行によってパートナーシップを設定した。

たとえパキスタンがどんなにさしあたりその主要な財源であり続けても、ノルウェーのオペレータは、その非常に違い、新しい市場のための高い希望を持っている。

可能であったEasypaisaの時にUS$30億の全体の価値、2013年より多く、2014年に、42%の増大の1億1300万の振替 。

ミャンマーは、KDDIのライバルである。

Telenorミャンマーは、経験豊富なモバイル・マネー展開を実施する!

2015-02-05---Telenorは、バンキング・ライセンス入札で、ローカルなオペレータに参加。
2015-02-03---パキスタンのモバイル・マネー・プロバイダEasypaisaは政府を代行。
2014-12-09---パキスタンのEasypaisaの生命保険計画は250,000人の加入者。
2014-11-25---Telenorもミャンマーで、モバイルバンキングを計画。
2014-10-16---TelenorのEasypaisaは、月間600万人を引きつけた。
2013-04-22---Telenorはパキスタンで、最初にモバイルの普通預金口座を提示。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。