on-the-time.jp

2015-02-12

スターバックスは、Apple Payにリンク。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、間違いなく米国で最もポピュラーなモバイル支払いサービスを運営するスターバックス(Starbucks)は、iPhone 6とiPhone 6プラスユーザーが利用できなかったことから。アウトレットでのApple Payで支払いをすることができるようにするために、そのアプリをアップデートすると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

9to5macによると、アプリの最新のバージョンによって、ユーザーはApple Payを経て、それらのスターバックスカードのバランスを満たすことができる。

アップルのサービスにより、デジタルと物質的な支払いトランザクションが処理される。

取引は、スターバックス・ユーザーのうちの数百万人が、より大きく促進できた後者の上への取りで、Apple Payからそれらのアカウントをリロードできることを意味している。

そして、ユーザーは、感触IDを経て、アップル機器のより最近のバージョンの指紋テクノロジーを認可できる。

スターバックス・アプリはしばらくの間 Apple’s Passbook wallet appの中にあったけれども、コーヒーチェーンが、NFC使用可能にされたiPhoneで、ユーザーがその店にいる時 それ自身のサービス非接触支払いを可能にしたいという徴候が全然なく、QRコードに基づくことがそれほど成功していた。

2015-01-26---スターバックスは、モバイル注文と支払い推進力を維持拡張。
2014-11-03---スターバックスは、米国のある店で90%がm-ペイメントであった。
2014-09-18---スターバックスは、Android appをリニューアルした。
2014-04-28---スターバックスのCEOは、mpaymentsプラットフォームの使用で他社を要求。
2014-03-13---スターバックスは、モバイルペンイメント用iOS Appを改造。
2014-01-28---スターバックスのモバイル予約注文。
2014-01-16---スターバックス・モバイルペンイメントAppが、元の文にパスワードを格納。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.