2015-02-15

1763年のスコットランドの事典初版が、イギリスのeBayで£950。

電子ブック

スコットランドの新聞Scotsmanは、1763年に出版の時に、「スコットランドで試みられたその種類の最初の仕事」として販売された「エジンバラ辞書(Edinburgh dictionary)」という希少本の初版が、大きなボックスで売られた本の中で発見された後に、イギリスのeBayでオークションに登場したと報告した。

この本は、有名なスコットランド本屋と印刷会社てアレキサンダー・ドナルドソン(Alexander Donaldson)により作成され、彼の書店エジンバラ(Edinburgh)とロンドン(London)だけでなく、他の本屋ダンフリース(Dumfries)とラナーク(Lanark)でも売られた。

同僚ジョン・リード(John Reid)と本を出版したドナルドソンは、19世紀の約100年間ni出版された毎週の2回発行の新聞Edinburgh Advertiserの共同設立者でもあった.。

彼の家族運は、彼の耳が聞こえなさのために、スコットランドでドナルドソン病院(Donaldson’s Hospital, Scotland)を設立した。後で全国的な学校にするために、ウィリアム・プレーフェア(William Playfair)にデザインされた建物に基づき、エジンバラの西コーツ(West Coates in Edinburgh0で建てられて、それは以来リンリスゴー(Linlithgow)で再配置した。

この当時の新聞には。新聞税というのがあり、手元にロンドン万博の時に発行されたイラストレイテッド・ロンドン・ニュース(The Illustrated London News)を持っているが、新聞を発行する前に新聞紙に納税済みのスタンプが押された。

この辞書は、イギリスで3冊が明らかになっているが、そのうちの1冊であると考えられている。他はロンドンの大英図書館(British Library in London)に保持され、もう1冊は私的なコレクションである。

他のコピーとして、は米国に4冊が存在する。
コロンビア大学(Columbia University)、インディアナ州大学(Indiana State University)、トリニティカレッジ(Trinity College)、およびエール大学(Yale University)で、スコットランド国立図書館(National Library of Scotland)に1冊のコピーもある。しかし、それは、異版と言われている。

稀こう本商人のディーン・ビヤス(Rare book merchant Dean Byass)は、ブリストルビヤス稀こう本(Byass Rare Books in Bristol)で、汚れた本のボックスから、イギリスのオークションで、950£の値札を持っているボリュームに出会った。

「それは物好きな物である。それは全体のたくさんの他の本にあり、私はそれを見て、それが特別であった。」ことに気がついたと、彼は言った。

彼は追加した。「私は、元来、辞書編纂者であり、辞書を収集する精神の顧客で買った、しかし、奇妙に、それが外に出た彼は、すでにコピーを持っているイギリスの唯一の他の人であった。従って、私は現在それを売っている。」

最初の「スコットランド特有語(Scotticisms)」セクションは、それの主張が、それが、「バター付きパン」として、「困惑する(puzzled)」としての英語、およびスコットランドの「バターとパン」に翻訳する「difficulted」などの「スコットランド語」である言葉の意味を説明している。

「それらはほとんど非常に難しい言葉ではない。私は、なぜ、彼らが、それをする必要を感じたかを本当は確信しない」と、ビヤスは言った。

サミュエル・ジョンソンの最終的な英語辞書(Samuel Johnson’s definitive English dictionary)の10年未満後に出版された本のページの中の正面は、内容であるものを「The terms made use of in arts and sciences are defined; The words explained in their various sences [sic]; The accents properly placed, to facilitate the true pronounciation; The parts of speech denoted; and, The spelling throughout reduced to an uniform and consistent standard.」と説明している。

また、偶然の一致によって、1763年に、1742年に死んだネイサン・ベイリーによるユニバーサル語源学的英語辞書(An Universal Etymological English Dictionary by Nathan Bailey)の20番目の版が出版された。
彼は紹介状を書き込んで、イギリスの言語について、「So the British language being in a manner quite extinct in all other parts of Britain [except Wales], the Saxon language became the language of the country, and so continued till near the year 800, when the Danes insettled England, and made settlements in the North and East parts of Britain ...」と言っている。

古書屋さんも、こういうことが無いと退屈だろう。
私もときで会う。

くず本の山を買って、知人は良く宝を探していた。