AD SPACE

2015-02-12

タイ美容整形のダークな部分。

美容と医学の科学人物

BBC Newsは2015年02月12日に、2014年10月に、イギリス人の女性ジョイ・ウイリアムズ(Joy Williams)はバンコクでSPクリニック(SP Clinic in Bangkok)に入った時に、彼女は、まさにまさしくその適正価格で、広く使われて、しばしば賞賛された現代の施設で他の患者によって海外から直接的な美容手術を受けようとしていたと信じたにちがいない。

しかし、クリニックが、悪くなったものを訂正しようとしたように彼女の傷は麻酔剤の下で感染し、彼女は死んだ。

[AD] You can advertise on this site.

彼女の医師サンポブ・サンシリ(Sompob Sansiri)は、彼女の死および、閉鎖されたSPクリニックを無謀に起こすことを課された。彼は釈放された後、外科医のライセンスを運び出すことを認可されなかった。

ジョイ・ウイリアムズは、美容整形のために毎年タイに来る数千人の外国人のうちの1人であった。

タイのよい理由がある。価格は、一般に、ヨーロッパ、または米国でそれらル3分の1である。
医療設備はしばしば最高級で、そして、タイの医者は若干の表面的な処置で専門専門知識を高めた。

Thai Society of Plastic and Reconstructive Surgeonsの社長Apirag Chuangsuwanich博士は、「多くのファクターは私達のために美容整形のためのハブを作った。」
「サービスの品質、我々には国際的な認定で良い病院があるという事実とタイのコストは、非常に競争的です。」と言う。

大部分の患者は、タイを彼らの手術の結果に非常に満足します。 しかし、何かがうまくいかないとき、何が起こるか?

2010年に、バンコクに住んでいるヘレナ・グレース(Helena Grace)は、彼女の鼻の形を変更すると決めた。

「私は認めて、私はバンコクの最も有名な病院のうちの1軒の広告を見た」と、彼女は言う。「それは満足を保証していた。」

どのように彼女が彼女の鼻が見てほしかったかの彼女自身の説明によって武装し、彼女は相談のための病院に入った。驚いたことに、彼女は、ちょうど2時間後で自身が外科を受けているのを発見した。

「私が起きた時には、私は直ちに何かが悪いと知っていた.」と彼女は思い出す。

彼女は彼女の医師に警報を出した。
その人は、すべてが素晴らしいこと、および癒えるように彼女の鼻のために彼女が数日待つべきであることを彼女に保証した。

しかし、最終的な形は、彼女が約束されたものと非常に違った。
ヘレナは、もう彼女が1つの鼻孔を通して容易に呼吸できないとも気付いた。

彼女は他の美容の外科医に相談し、2番目の意見のための米国に旅行することさえした。それらは、彼女に、鼻整形術操作がやりそこなわれたと言った.
それを定着させることは別のもの、非常に高価な操作を取り、その時でさえ、結果は保証できなかった。

ヘレナは、タイ民事法廷での補償を求めて戦うのに過去の4年を費やした。彼女の計算によって、彼女は50を超えるヒアリングに出席した。今週、裁判官は、証拠の不足を引用して彼女の不満を拒絶した。

それは、医学の不良措置について首尾よく訴えられ、法廷が重要な損害を授与するようにいっそうまれなタイの病院のためである。それは、ヨーロッパよりまたは米国より、なぜ医師が保険の代金をずっと少なく、そこで払うかを説明するのに役立っている。それは医学のコストがなぜずっと低いかを次々説明する。

ジェームズ・ゴールドバーグ(James Goldberg)は、Bumrungradで、医学の観光旅行施設として自身を販売する時に最も成功した病院で足損傷への捜索治療の後に2006年2月に、突然彼の息子ジョシュアが死んだ時、同じことを経験していた。

ゴールドバーグは病院のカルテを得て、米国で裁判所の病理学者にそれらを試験させた。
彼は、彼の息子が、ずっと非常に多い種々の薬が与えられたことによって殺されたと信じらる。

病院はどのような怠慢でも否定し、高い国際的な評判を保有する。
しかし、ゴールドバーグは、決して彼の懸念がタイの警察により適切に調査されなかったと主張する。

「タイのどの弁護士も事件を不測事態に取り上げない。」と、彼は言う。「もしあなたがタイの個人的な訴訟を取りたいなら、勝つ非常に小さなチャンスのために、あなたは正当な金額を弁護士に支払う必要がある。」

彼は、警察が医学の専門知識をほとんど持っていないと言う。従って、彼らは、遂行するかどうかについてのアドバイスのため。タイ医学協議会を信頼している。しかし、協議会は、ほとんどそれらの同僚によって悪事を露出するための誘因なしで、医学の産業の担当者により構成されている。

国際的な証明タイ語病院が特にJCI(US Joint Commission International/米国ジョイント委員会国際)から方法をほとんど受け取らないことについても、不良措置の主張に没頭しないと、JCIが不満を言うけれども、毎年の三度検査のための病院たくましい料金を単に請求する。

SP美容整形が閉鎖された後に、医師サンポブ・サンシリ博士は別のクリニックで手術している
タイでの調節の不足は、ウィリアムズのケースにより厳しく露出された。

サンシリ博士は、チャージされた後に、保釈においてリリースされて、別のクリニックで手術し続ける。

BBCが、タイに、医学協議会を、彼が少なくとも停職しなかった理由を要求した、それが調査の結果を待つ必要があることが、私達に話した。それがどれだけかかるかもしれない。

失敗して、人を殺しても経験豊富な名医のまである。

そう言えば、アメリカから蹴ってき女性が、やせ薬を買ってきた。
パッケージからして、中国製だが、審査の厳しいアメリカで買ってきたので大丈夫だと信じ切っていた。

ところが、数日したらその薬は販売停止になり、なんと麻薬が入っていた。

そう言えば、数10年前に、モロッコは性転換のメッカであった。
大丈夫だったのだろうか?

整形手術や性転換手術のようなときこそ、潜りの医者は怖い。
そう言えば、生体幹細胞手術も話題性が高いだけ、危険である。
治療の論理が、形成されていないことも多い。

理化学研究所の小保方研究員の場合も話題先行で、多くが騙された。

論文の内容を聞いて、びっくりした。
日本経済新聞で報告された江戸川大学社会学部の斗鬼正一教授もお粗末すぎる。
ドイツの博士号偽造論文では、全員辞任したが、江戸川大学は放置していることだろう。
文部科学省は、補助金をカットすべきと言える。

もしかすると、文部科学省にも判断できる人がいないのかもしれない。

大学教授の論文をチェックすべきである

日本経済新聞も新聞掲載前に調べたのだろうか?
以前、日本経済新聞の記事内容を記事の基になった機関に問い合わせたら、関係ないと言って、私が怒鳴られたこともあった。

2015-01-09---
2014-12-19---STAP再現できなかった。
2014-09-26---ジンバブエ大学、大統領夫人に「不当博士号」を授与か?
2014-06-29---雑誌「ネイチャー」のSTAP論文撤回。
2014-01-29---日本の研究が、溶液培養で新たな万能細胞「STAP」、革新的手法を開発。
2013-11-05---中国の紫禁城にある巨岩は、氷の上で輸送された。
2013-02-28---ダライ・ラマの名誉博士号!
2012-12-05---マサチューセッツの新聞は、リポーターが出典情報を誤魔化した。
2012-08-30---ハーバード大学で、カンニング・スキャンダルが浮上!
2012-07-04---米国の新聞で、偽の記名記事多数発見!
2012-06-29---ルーマニアの学者組織、首相の論文は大部分が盗作と結論。
2012-06-19---ルーマニアの新首相、博士論文で盗作非難!
2012-05-06---ドイツのアンゲラ・メルケル、博士号問題と海賊党に両ビンタの試金石!
2012-04-01---盗作の博士号をはぎ取られた後、ハンガリー大統領辞職。
2012-03-29---ハンガリーの大統領、盗作で博士号を喪失!
2011-10-19---中国人科学者は、米国の会社から極秘情報を盗んだ!
2011-09-20---ドイツの自由民主党「FDP」は、首都ベルリンで存在意義が消えた!
2011-07-31---米国の最新の偽IDはもの凄く良くできている!
2011-07-14---ドイツの政治家、さらに博士号剥奪!
2011-06-15---ハイデルベルグ大学は、Koch-Mehrinの盗作を有罪と判断!
2011-05-17---オンライン盗作ハンターは博士号詐欺を追跡!ドンドン暴露!
2011-05-12---博士論文盗作で、2番目のドイツ政治家も辞任!
2011-03-01---ドイツの国防相グッテンベルグは博士論文盗作で辞職!
2011-02-21---ドイツの国防大臣が書いた博士論文は、バーゲン製品だった!
2011-02-17---ドイツの大臣は博士論文の盗作を否定。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.