2015年02月12日

NASAの成層圏の赤外線天文学観測所。

宇宙

NASAは、NASAのSOFIA(Stratospheric Observatory for Infrared Astronomy/赤外線天文学)成層圏観測所は、その10年間の検査のため、ドイツのハンブルクにあるルフトハンザ技術格納庫(Lufthansa Technik hangar in Hamburg, Germany)に入ると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

アームストロングフライト研究センター(Armstrong Flight Research Center)からのフライトで、航空機メンテナンス、および科学職員は、様々な検査とメンテナンスを実行するために、ルフトハンザの747人の専門家のそばで働いた。

地球大気の水蒸気は赤外線の放出を吸収し、赤外線のスペクトルの大きいセクションが地上の観測所に到着することを防止する。
SOFIAは、39,000から45,000フィート(12kmから14kmまで)までの間の高度で、地球の雰囲気に富んだ水蒸気を与える天文学者の99%より多く、地上の観測所から見られえない波長で天のオブジェクトを研究する能力のために飛ぶ、ヘビーに修正されたボーイング747特別性能ジェット旅客機である。

Image Credit: NASA/ Jeff Doughty

ジェット旅客機にこのような大きな穴があっても飛ぶと知ったとき、最初にショックを受けた。

ドイツのハンブルクにあるルフトハンザ技術格納庫(Lufthansa Technik hangar in Hamburg, Germany)のGoogle Earthポインター情報
53°37'18.3"N 9°59'49.1"E
または、
53.621758, 9.996986

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告