2015年02月12日

NASAの成層圏の赤外線天文学観測所。

宇宙

NASAは、NASAのSOFIA(Stratospheric Observatory for Infrared Astronomy/赤外線天文学)成層圏観測所は、その10年間の検査のため、ドイツのハンブルクにあるルフトハンザ技術格納庫(Lufthansa Technik hangar in Hamburg, Germany)に入ると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

アームストロングフライト研究センター(Armstrong Flight Research Center)からのフライトで、航空機メンテナンス、および科学職員は、様々な検査とメンテナンスを実行するために、ルフトハンザの747人の専門家のそばで働いた。

地球大気の水蒸気は赤外線の放出を吸収し、赤外線のスペクトルの大きいセクションが地上の観測所に到着することを防止する。
SOFIAは、39,000から45,000フィート(12kmから14kmまで)までの間の高度で、地球の雰囲気に富んだ水蒸気を与える天文学者の99%より多く、地上の観測所から見られえない波長で天のオブジェクトを研究する能力のために飛ぶ、ヘビーに修正されたボーイング747特別性能ジェット旅客機である。

Image Credit: NASA/ Jeff Doughty

ジェット旅客機にこのような大きな穴があっても飛ぶと知ったとき、最初にショックを受けた。

ドイツのハンブルクにあるルフトハンザ技術格納庫(Lufthansa Technik hangar in Hamburg, Germany)のGoogle Earthポインター情報
53°37'18.3"N 9°59'49.1"E
または、
53.621758, 9.996986

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告