on-the-time.jp

2015-02-12

中国では、アップルで働くために従業員は給料からピンハネされていた。

経済犯罪と裁判美容と医学の科学

BBC Newsは、アップルは、接合された労働の実行を禁止したと報告した。

そこで、彼らが働き始める前に、新しい新メンバーは料金を請求される。

工場条件のその最新の監査において、iPhoneメーカーは、どのような募集料金でも従業員ではなく、供給業者により支払われなければならないと言った。

どうも中国では、アップルで働くために、従業員は給料からピンハネされていた。
労働組合どころではない。企業に巣食うブローカが居た。

[AD] You can advertise on this site.

アップルは、その工場のうちのいくつかの労働条件の批判に続いて、監査を開始した。

それは、リポートとして労働権利グループ中国労働時計から来る何人かのアップル労働者により得られた低賃金を疑った。

その2015供給業者責任中間報告が言った。それが、接合された労役を禁止することは、10月にその供給業者を今年の最初と識別した。

「私達が供給業者に支払う時には、供給業者、およびアップルにより支払われるその料金ニーズが、その料金に最終的に耐えて、私達は、それで、OKである。」操作のアップルのシニアの副社長ジェフウィリアムズは言った。

接合された労役または労働は、工場に採用されるようにサードパーティ新人募集者により、1ヶ月の給料と等しい。またはより多くの料金を新しい労働者が請求されるのを見た。

それは、多くの従業員が借金の仕事を開始するのを意味している。いくつかがそれらのパスポートを没収される。

これは。アップルの労働条件が、他と比べると良かったと言うことだろう。
BBCパノラマプログラム調査により昨年中国の工場の労働者の貧しい取り扱いが強調された。

アップルの工場のうちの1つPegatronでは、秘密で行われたアップルの標準の違反において、新しい新メンバーはIDカードをわたすのが示された。

プログラムのためにインタビューすることを辞退したアップルは、貧しい労働条件および長い時間の主張を否定し、それが主張により深く傷つけられると言った。

アップルがその監査を出版したのと同じ日に、労働は、Pegatronなどの会社がローカルな生活費の下の基準賃金を保持することを可能にして、グループCLW(China Labor Watch/中国労働監視)は、会社がそのサプライ・チェーンのうちのいくらかの標準を効果的に監視することができなかったと伝えているリポートをリリースした。

CLWは、従業員の未知の数により提出された96の支払い使い残りにその発見の基礎を置いた。それは、低く、支払いが、より多くの時間を費やすことを労働者に強制していることを示唆した。

アップルの最も大きい供給業者Foxconnにより運営される工場で、14人の労働者が自殺した後に、最初、2010年に中国の工場の条件が強調された。

長い時間、厳しい労働条件、および低賃金は、部分的に非難にであるといわれていた。

2012年2月に、ハードウェア巨人は、その工場がFLA(Fair Labour Association/フェア労働協会)により検査されるのを発表した。

これは年間で9番目の監査であり、アップルは、改善条件においてそれがした進歩を見せびらかすことを切望した。

それは言った。それは2014年週あたり平均で110万人を超える労働者を追跡し、それ供給業者は、その最大60時間1週労働時間数への92%服従を達成した。

「私達は私達の標準の供給業者の違反を一貫して報告する」ウィリアムズはアップルのリポートを書き込んだ。「人々は、時々、私達のプロセスが働いていないという証拠として問題の発見を指し示す。何も真実からより遠いはずがない。」

ブローカーを詳説するために外国の契約労働者が支払う過度な募集料金において以前にアップルには下にクラックが生じた。それは支配した払い戻されるように1ヶ月より多くの賃金が持っていた。

監査によると、昨年、供給業者は4,500人を超える外国の契約者に余分な料金のUS$3960万(£257万)を払い戻した。

アップルは、Foxconnと働く限り、事故に巻き込まれることだろう。

今のやり方は、部品が消え、労働争議に巻き込まれ、国際評判を無くすことだろう。
私が以前から言っているような方法しか解決はない。
シャープの大和工場、諏訪セイコーなどを見学すべきである。

アップルの組み立て工程は、古すぎる。

2014-07-01---中国の製造業は、6カ月間で最も速い歩みで成長した。
2014-04-16---中国の靴工場で3万人以上がストライキ中!
2014-02-10---フォックスコンは、インドネシアへUS$10億投資を計画。
2013-07-29---アップルは、Foxconnより悪い。新しい中国労働者乱用罪に直面。
2013-05-27---中米製造業で、明暗“くっきり"
2013-05-20---中国の平均賃金上昇率、製造業は更なる賃上げ困難。
2013-03-26---台湾のFoxconnは、アップルの上昇で四半期最高利益を記録。
2013-03-01---中国各地で最低賃金基準引き上げが、さらに進む!
2013-02-28---現実的な米国企業、脱中国が加速!
2013-01-29---企業の17%が年末賞与引き上げ、外資系は引き下げ!
2012-12-11---アップルも脱中国を開始!
2012-10-25---中国、さらに最低賃金引き上げ、平均上げ幅19.4%。
2012-10-16---Foxconnは未成年のインターン雇用を認めた。
2012-10-09---アップル製品で享受する中国製造業の利益は、たった2%。
2012-10-08---Foxconnは、iPhone組み立て工場の労働ストライキを否定。
2012-09-24---Foxconnは、大口論の後、プラントで生産を停止させた。
2012-08-30---中国の多国籍大手、中国撤退が加速!
2012-07-04---FoxconnのCEO、辞職!?
2012-06-04---成都のレストランで食い物の恨みから、フォックスコン労働者1,000人以上が暴動!
2012-04-14---広東で、Foxconnへの就職希望者が殺到!
2012-02-20---Foxconn、iPadとiPhoneのスタッフ16-25%の賃上げ
2012-01-19---Foxconnのチェアーマンは従業員を「動物」と呼んだ!
2012-01-16---アップルは初めてサプライヤー詳細を公表した。
2011-12-26---Foxconnは、鄭州のiPhone工場サイズを2倍にする?
2011-12-18---すでにFoxconnは、ブラジルでIPhonesを製造し始めている。
2011-12-12---iPad 3の生産は2012年1月から開始!?発売は3〜4月???
2011-09-27---また、Foxconnの工場で火災が発生!
2011-09-14---FoxconnのブラジルiPad工場は、既に動いている!
2011-09-08---iPhone 5は、1日当たり150,000ユニットに達した。
2011-08-02---Foxconn、製造ロボット化を増やす!
2011-05-25---成都での爆発で、iPadの生産を35万〜40万中断!
2011-05-20---iPad2のための製造ラインで爆発!少なくとも2人死亡!
2011-05-05---Foxconnは、労働者を機械のように扱ったとして起訴された!
2011-05-04---ブラジル政府のiPhonesとiPads製造工場誘致計画!
2011-04-12---Foxconnは今年から、ブラジルでiPadを組み立て始める!
2010-07-27---インドのiPhone製造工場、一時閉鎖!
2010-06-07---台湾会社Foxconnの深セン工場で10人の自殺者が出た事件の解決策を発表。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE