gaYa広告

2015年02月12日

インドのカシミールにあるクリケットのバットの制作工場。

スポーツ

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、インドに管理されたカシミールの首都スリナガルの近くハルムラー(Halmullah, near Srinagar)には、夏にクリケット・シーズンに向けてバットの制作工場が忙しく働いていると報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

カシミールのクリケットバットメーカーは、2015年02月14日に始まるクリケット・ワールドカップ(Cricket World Cup)の前、販売のブームを経験していると言っている。

その素材は柳の木で、カシミールヤナギ(Kashmir willow)は、イギリスヤナギ(English willow)より少ないので貴重品で、クリケットのバットとして広く使われている。
カシミールはイギリスへの主要な輸出業者である。

その製品の10パーセントは、主にイギリスのクリケット、オーストラリアと近くに住んでいるパキスタン、バングラデシュに輸出されると言っている。

そう言えば、岐阜の養老にミズノの野球用バット工場があり、落合が現役の頃は、直接出かけて注文していたと聞いたことがある。

華やかなスター選手を支える道具は、隠れたこだわりの世界である。

カシミールの首都スリナガル(Srinagar)のGoogle Earthポインター情報
34°05'03.1"N 74°47'50.5"E
または、
34.084208, 74.797367

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告