gaYa広告

2015年02月12日

ハリー・ポッターファンなら、Snapeの場面を時間順に見る必要がある。

人物

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、セウェルス・スナッペ(Severus Snape)はたぶん、すべてのJKローリング(JK Rowling)の性格で最も誤解されていると報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

ハリー・ポッター(Harry Potter)と彼の複雑な関係は、シリーズに中心的で、その最終的な瞬間に、完全に明らかにされるわけではない。

本と映画のファンはフラッシュバックにおいて一服教授の背景ストーリーをからかうように明らかにさせたけれど、進取的なYouTubeユーザーkcawesome13はそれらを時間順に組み替えた。

まさにケースで本を読まなかった1人または2人の人々に、私達がここにそれらを説明しない。映画を見るか、またはそれらを説明させた記事を読んでいる。

しかし、なぜ、ハリーがセウェルス・スナッペを、「たぶん、これまで私が知ったことがある最も勇敢な人」と評したかを説明するのに役立っているクリップが、区域を含み、感じるのがたった今警告されたと言っている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。