2015-02-12

iPhoneとAndroidに搭載された「殺しのスイッチ」

モバイル・マネー経済犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、メーカーが、遠隔でロックすることを可能にする機能を追加した後に、スマートフォンの窃盗が激減した。

これを一般に遠隔式「殺しのスイッチ(kill switches)」と言っているが、実際は遠隔式「インポテンツ・スイッチ(Impotent switches)」と言うべきだろう。

アップルは、ユーザーが機器から離れて閉鎖することを可能にする機能を追加した後に、盗まれたiPhoneの数は、12ヶ月を過ぎて半分に低下し、それらは、それらを盗んでも不能にために窃盗を無駄にした。

ロイターによる新しいリポートによると、窃盗はまた、サンフランシスコで40%およびニューヨークの25%低下した。

ニュースは、個人的な成功として、ボリス・ジョンソン(Boris Johnson)含む、他の圧力団体と政治家により認められ、「殺しスイッチ」を法律の下で必要にさせるために従軍した。

つまり、アメリカの政治家が殺しを援軍した。

アップル、サムスンおよびGoogleのすべては、この機能をそれらの電話に追加した。
マイクロソフトは、それを今年末追加するアップデートをリリースするために設定された。

その機能は、正式には「Activation Lock in iPhones(iPhoneの不活性)」と呼ばれて、2013年9月に追加された。

やはり、この機能は、「インポテンツ」と言うべきだろう。

ただし、セックス用語を、ジョブスとクックが好まなかった。

Googleのアンドロイドの最も新しいバージョン「Android, Lollipop」で、新しい機能は、オペレーティングシステムを実行している電話の標準になる。

けれども、すべての電話はまだ、インポテンツ・アップデートを受け取っているわけではなかった。