gaYa広告

2015年02月11日

ホームレスの元ピアニストは、道路で死んだ。

音楽

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、難局に降りかかった後に、何年もの間西のロンドンのチズィック(Chiswick, west London)にあった車に住んでいた女性に賛辞が贈られたと報告した。

元ピアニストは、西のロンドン通りで道路事故に遭遇し、乱打された古い車の中で殺された。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

トラックの衝突で止まったチズィックのおなじみであったアン・ナイスミス(Anne Naysmith)は、首都の愛のために、賛辞は殺到した。

アン・ナイスミスは、約束されたピアニストで、 一度、ロンドン中央のウィッグモアホール(Wigmore Hall in central London)で演奏したことがある。

しかし、1970年代遅くに、彼女は金融問題と衝突し、失敗したロマンスの悲嘆を被った。

彼女はチズィックの僧禄庭(Prebend Gardens in Chiswick)の彼女の家から立ち退かせられて、通りで彼女のFord Consulで生活していた。

さらにより悪いことが、続いて、2002年に、それが裕福なエリアをだめにしていることについて隣人が不満を言った後に、彼女の愛する車が引っ張られた。

他の間に合わせの家は、ロンドン地下鉄堤防の足で、それ以来、低木および小さい木で彫られたシェルターを駐車場のコーナーに含めていた。

アン・ナイスミスは、火曜日の早い時間に、数十年間彼女が整調する通りで死んだ。

王立音楽院(The Royal Academy of Music)は、Twitterで敬意を表した人々の間にあった。

いくつかが、アン・ナイスミスは、いつも、従来のパスに続いていることが必要であるわけではないのを証明したことを指摘した。

アン・ナイスミスはの物語は、首都ロンドン北部で、キャムデン(Camden, north London)を横切るアラン・ベネット(Alan Bennett)のバンのドライブに住んでいたに作家シェパード夫人のエコー(echoes of Miss Shepherd)を持ち、彼のエッセイにおいて不滅にされた。

両者とも、困難に出くわした優秀な音楽家であった。権威者と対決をしたが、それのすべてを通して激しく独立していて、誇り高く、威厳を与えられるままであった。

居住者は、また、悲しさを表現し、彼女の葬式のための資金を提供するために、WebサイトCHISWICKW4.comのページに没頭した。
そして、貢献すると約束するために、駐車場のコーナーを彼女が愛した庭のスクラップを保持するために活動している。

日本の場合は、権威者にごまおすり、すべてを通して妥協し、誇りを捨て、威厳を忘れた人が偉い人になっている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告