2015-02-11

ニール・アームストロング船長の自宅で見つかった、アポロ11号の記念品。

宇宙

AFPは、1969年に人類初の月面着陸に成功したアポロ11号(Apollo 11)のニール・アームストロング(Neil Armstrong)船長のオハイオ州(Ohio)シンシナティ(Cincinnati)にある自宅から非常に貴重な記念の品々が見つかり、その一部が首都ワシントン(Washington)の国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)に展示されたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

アームストロングの歴史的な「小さな一歩」の瞬間を撮影するため、月着陸船「イーグル(Eagle)」の窓に取り付けられていた16ミリカメラをはじめとするこれらの品は、自宅のクローゼットを掃除していたニール・アームストロングの妻が発見し、同博物館に寄贈した。アームストロングは2012年8月に死去している。

発見されたのはこのほか、月面で一度だけ休憩を取った際に体を支えるために使用した2本の腰ひものうちの1本など、これらは白い布製のバッグにしまってあったが、このバッグも宇宙探査機の内部で使用されていた可能性がある。
月面に置いてくる予定だったものをアームストロングが持ち帰り、保管していたとみられる。

国立航空宇宙博物館の学芸員アラン・ニーデル(Allan Needell)は、これらの品について、「これ以上に胸が高鳴るようなものがあるとは考えられない。」と述べている。

ラン・ニーデルが博物館のホームページで明らかにしたところによると、音声通信を書き起こした記録から、アームストロングとバズ・オルドリン(Buzz Aldrin)宇宙飛行士は月周回軌道上の司令船に戻ってすぐ、マイケル・コリンズ(Michael Collins)宇宙飛行士とこれらの品について話し合っていたことが明らかになっている。

また、これらの品が人目に触れるのは、アームストロングの月からの帰還後、初めてのことだと言っている。

しかし、これらはすべてアメリカ国家の資産であり、古本的に持ち帰ることが禁止されているのではないだろうか?

確か、月の石は売買尾禁止である。
もし、今回見つかったものを売買していたら、アームストロングは逮捕されていたかもしれない。

もっとも、そのような取り決めは、初期にはなかったのかもしれない。

しかし、カメラ以外は、アームストロング船長の自宅で発見されなければ、ゴミのようである。

2012-02-20---NASAの消えた月の石に何が起こっているのか?
2011-05-22---NASAは、「月の岩石」をUS$170万で販売しようとする女性を捕まえた。
2009-08-26---アムステルダム国立博物館の月の石は、偽物だった!
2009-07-27---「石」を拾って、長期宇宙にいただけで勲章。
1969-09-15---アポロ11号の「月の石」の分析結果を発表。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.