AD SPACE

2015-02-11

鉄のカーテンを通じてウィンドウショッピング。

経済

BBC Newsは、1980年代の終わりごろに、世界の政治的なマップは、一見したところで、ヨーロッパの東対西の戦いを分割した鉄のカーテンの崩壊と交替しはじめたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

ベルリンの壁の崩壊は、国境を横切って数千人が東ドイツから西欧に注ぐのを見て、疑いはほぼあらゆるものでいっぱいの生意気なライトと店により全然打たれず、あなたはそれを夢見るかもしれない。

まだ、一方の人デイビッド・フリンスキー(David Hlynsky)は他の方法で行っていた。

彼のカメラHasslebladを都市の景色に変えることによって、彼は、実のところ、多くの年の間共産主義者ヨーロッパをドキュメント化し、店ウィンドウの静物の写真でじらしているセットを捕らえただけでなく、彼は、どれのため古い共産主義者都市のライフの一見を提供するかを見つけた。

テムズ&ハドソンにより出版されたプロジェクトの本への導入において、フリンスキは彼の経験を関連させる。

彼はそれに言及する東の「それらが本当の経済について明らかにしたのと同じくらい多く隠される」の店であった。

新しい株の到着を口コミが通過し、彼はそれを、「広告は噂とゴシップと取り替えられた」を意味していたと言う。

それらが他の商品との入手可能で、そしてより遅い貿易であった間、情報を知る者の人々はアイテムを備蓄する。

店ウィンドウは西欧のそれらの明るいライトと商標名を拒否した。

商品は申し出に同じ物の20種類がなかったので一般的であった。

まだ、フリンスキは「けばけばしさをそう欠いた景色のショッピングから引き出されること いくらかの喜びと魅惑」と言っている。
彼もちろん、彼がパスポートを持ち、彼が望んだ時に去ることができたと付け加える。

痛烈に、彼は、西欧自身の店でのウィンドウも今や私達の本通りの多くの小さい店の閉鎖によって変わり、大きいチェーン東および消費者運動について西で結束するのですべて取り替えられるとも述べる。

たぶん、それは、エミィリー・ウェバー(Emily Webber)の多くの年の代わりと、多くの店正面を私達自身の都市に記録するために、すべて私達のための時間である。

私も、鉄のカーテンの向こう側でウィンドウショッピングをしたが、ときには大きなウィンドウに、ただひたすら粉石けん並んでいたこともあった。
ただし、西側もそれほど大差なく、丸いリングにパンティー掛けらレ、異様な空間が作られていた。

ボリス・エリツィン(Boris Nikolayevich Yeltsin/Борис Николаевич Ельцин/1931 - 2007)が、日本に来たとき、スーパーマーケットの品揃えの良さに、不公平だと言った。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.