2015年02月08日

日本の代表的な工業デザイナー栄久庵憲司が死去した。

人物

BBC Newsは2015年02月09日に、日本のキッコーマン醤油の卓上ビンをデザインしたことで世界中に知られた工業デザイナーの榮久庵憲司(Kenji Eikuan/1929 - 2015)が、85歳で死去したと報告した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

昔はなんども合ったな〜
アシスタントをしていた人で、千葉工大の教授になった人の特集を担当したこともあった。

東京芸術大学の小池岩太郎教授のもとで、友人達と作ったGK(Group of Koike)デザイン・グループ会長でもあり、昔の名刺は栄久庵 憲司であったことから、榮久庵憲司と言うのはなじみがない。

私がグラフィックデザインで特集を担当した東京芸術大学卒業の福田繁雄も2009年に亡くなった。

みんな、どんどん消えていく!
次は、誰でしょう?

栄久庵憲司は、また、ヤマハVMAXオートバイと成田急行空港列車を含む多くのデザインをした。

その中で、いくつかは、私の恩師勝見勝も関係していた。

1961年の赤いキャップで、じょうご形に作られたた卓上醤油ボトルをデザインした。

デザインは最初に、日本食品会社キッコーマンがにより使われて、世界中で、日本食のための熱狂として国際的に知られた。

栄久庵憲司は、彼が、子供の頃、彼の母が大きい半ガロンボトルから醤油を注ぐ必要があったことを覚えていたので、彼はボトルをデザインしたかったと言ったと。AP通信社から報告され。
彼は、名誉あるイタリア・デザイン賞を含み。2014年には、ゴールデン羅針盤賞(Golden Compass Award )を受け取っるなど、いくつかの賞の受領者であった。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト