2015年02月08日

日本の代表的な工業デザイナー栄久庵憲司が死去した。

人物

BBC Newsは2015年02月09日に、日本のキッコーマン醤油の卓上ビンをデザインしたことで世界中に知られた工業デザイナーの榮久庵憲司(Kenji Eikuan/1929 - 2015)が、85歳で死去したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

昔はなんども合ったな〜
アシスタントをしていた人で、千葉工大の教授になった人の特集を担当したこともあった。

東京芸術大学の小池岩太郎教授のもとで、友人達と作ったGK(Group of Koike)デザイン・グループ会長でもあり、昔の名刺は栄久庵 憲司であったことから、榮久庵憲司と言うのはなじみがない。

私がグラフィックデザインで特集を担当した東京芸術大学卒業の福田繁雄も2009年に亡くなった。

みんな、どんどん消えていく!
次は、誰でしょう?

栄久庵憲司は、また、ヤマハVMAXオートバイと成田急行空港列車を含む多くのデザインをした。

その中で、いくつかは、私の恩師勝見勝も関係していた。

1961年の赤いキャップで、じょうご形に作られたた卓上醤油ボトルをデザインした。

デザインは最初に、日本食品会社キッコーマンがにより使われて、世界中で、日本食のための熱狂として国際的に知られた。

栄久庵憲司は、彼が、子供の頃、彼の母が大きい半ガロンボトルから醤油を注ぐ必要があったことを覚えていたので、彼はボトルをデザインしたかったと言ったと。AP通信社から報告され。
彼は、名誉あるイタリア・デザイン賞を含み。2014年には、ゴールデン羅針盤賞(Golden Compass Award )を受け取っるなど、いくつかの賞の受領者であった。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告