gaYa広告

2015年02月08日

日本の代表的な工業デザイナー栄久庵憲司が死去した。

人物

BBC Newsは2015年02月09日に、日本のキッコーマン醤油の卓上ビンをデザインしたことで世界中に知られた工業デザイナーの榮久庵憲司(Kenji Eikuan/1929 - 2015)が、85歳で死去したと報告した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

昔はなんども合ったな〜
アシスタントをしていた人で、千葉工大の教授になった人の特集を担当したこともあった。

東京芸術大学の小池岩太郎教授のもとで、友人達と作ったGK(Group of Koike)デザイン・グループ会長でもあり、昔の名刺は栄久庵 憲司であったことから、榮久庵憲司と言うのはなじみがない。

私がグラフィックデザインで特集を担当した東京芸術大学卒業の福田繁雄も2009年に亡くなった。

みんな、どんどん消えていく!
次は、誰でしょう?

栄久庵憲司は、また、ヤマハVMAXオートバイと成田急行空港列車を含む多くのデザインをした。

その中で、いくつかは、私の恩師勝見勝も関係していた。

1961年の赤いキャップで、じょうご形に作られたた卓上醤油ボトルをデザインした。

デザインは最初に、日本食品会社キッコーマンがにより使われて、世界中で、日本食のための熱狂として国際的に知られた。

栄久庵憲司は、彼が、子供の頃、彼の母が大きい半ガロンボトルから醤油を注ぐ必要があったことを覚えていたので、彼はボトルをデザインしたかったと言ったと。AP通信社から報告され。
彼は、名誉あるイタリア・デザイン賞を含み。2014年には、ゴールデン羅針盤賞(Golden Compass Award )を受け取っるなど、いくつかの賞の受領者であった。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告