gaYa広告

2015年01月31日

スペインの首都マドリードで30万人デモ。

経済政治

AFPは2015年02月01日に、スペインの首都マドリード(Madrid)で2015年01月31日に、反緊縮財政を掲げる新党ポデモス(Podemos)が初めて呼びかけた大規模なデモ行進が行われた。
主催者発表によれば参加者は30万人。警察は約10万人としている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

2015年01月25日に投票が行われたギリシャの総選挙で急進左派連合SYRIZA(シリザ)が勝利を収めたことが、「反体制」を掲げるポデモスの人気を後押ししている。2015年11月に総選挙の実施が予定される中、世論調査でのポデモスの支持率は大幅に上昇している。

デモに参加した人たちは、「今こそ変化のとき」と書かれたプラカードを掲げ、「私たちにはできる(Yes We Can!)」と声を上げながら、市庁舎から市内中心部の広場「プエルタ・デル・ソル(Puerta del Sol)」に向かった。
多くの人たちの手には、ギリシャ国旗と赤と白のシリザの旗が握られていた。

「私たちにはできる」を意味する「ポデモス」は結党からわずか約1年。しかし、2014年05月に実施された欧州議会選で5議席を獲得するなど、すでにスペイン政界を大きく揺るがしている。

2011年、スペイン各地の広場を埋め尽くした「怒り」を表す抗議活動から生まれたポデモスは、政治の変化を要求している。
黒字企業による解雇の防止や公的医療保険制度の導入、最低賃金の「大幅な」引き上げなどを求めている。

スペインは、かなりストレスがたまっている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。