2015-01-23

美術館、博物館は、そこに収蔵された傑作を隠す理由。

アート

BBC Newsは、世界中の主要な美術館には、いくつかの本当に大きい美術品が、公的な展示から隠される。

そして、私達はなぜそれらを見ることができないか?キンバリーブラッドレー(Kimberly Bradley)は、その理由を見つけ出す。

ニューヨークの近代美術館(New York’s Museum of Modern Art)では、現在組織の永久的なコレクションのパブロ・ピカソ(Pablo Picasso)による1,221点の作品の内、たった24点が、訪問者は見ることができる。

カリフォルニア概念アーティストのエドルシェ(Ed Ruscha)の145点は、1点だけが展示中にある。

超現実主義者ホアン・ミロ(Joan Miró)は、156点の作品のうちの9点。

テート美術館(Tate)、メトロポリタン美術館(the Met)、ルーブル美術館(the Louvre)、近代美術館(MoMA)の壁は、十分に展示できる空間があるように見えるかもしれない。

世界のトップアート組織および、多くの国に付属しているアートの大部分は、それらの納税者(taxpayers)は、温度でコントロールされて、暗くなった、およびこせこせと組織された貯蔵施設で、いつ公的な表示から隠されている。

全体のパーセンテージはいっそうドラマチックな絵を描く、テートはその永久的なコレクションの約20%を示す。

ルーブル美術館は、8%、グッゲンハイムは、謙そんな3%、およびその所有財産の命令が都市で作られたアートを示し、守り、収集することであるベルリン美術館Berlinische Galerieは2%を示す。

これらは、ゲオルゲ・グロスとハンナホックを含むアーティストのため約6,000の彫刻と絵画、80,000の写真、および15,000の印刷物を含む。

Berlinische Galerieディレクター トマス・ケーラー(Berlinische Galerie director Thomas Köhler)は、「私達は、もっと見えるようにするスペースを持っていない。」と言う美術館が1を持っているのを説明する、200平方mにおいて、数十年間購入品と寄贈を通じて取得された作品を表示するか。

「美術館はメモリー、または文化を蓄える」 ことによると、コーラーは説明した。

しかし、ここでは、世界中の他の美術館の中ではまに、多くの作品は日のライトをあるとして、見ることができる。
私は学生時代、学生証を持参して、美術館の収蔵庫にある作品を見せてくれるようにお願いし、良く収蔵庫に入っていったことがある。

もちろん、下調べをして、どの絵を、どのような理由で見たいかを話すと、どこでも問題なく見せてくれた。
観光客のように、何となく、何か目新しい絵が見たいというのでは、無理かもしれない。

しかし、空間の赤字は、なぜのほんの1つの理由である。

別のものは流行である。いくつかの所有財産はもうそれらの組織のキュレーターの任務に適合していない。

有名なアーティストによるより小さい作品は、また衰えるかもしれない。それらのヒットは美術館壁に依存する。それらの失敗は単層ファイルにおいて忘れられて横になる。

「ソートされることを待ってクレートに何年もの間ぶらぶらできる。」という地所取得物内の美術館に来る作品は、コーラーを説明する。

繊細さ、または損害のためいくつかの作品が秘密の下に滞在する。そして、種々の組織は、コレクションの自然と範囲に依存してストレージと回転方針を変えた。

ロンドンのナショナル・ギャラリー(London’s National Gallery)が2倍のかかり具合システムを使う間、従ってその永久的な作品の数を展示中に増大させることによって、ウィーンのアルバーティーナ(Albertina)は100万を超えるオールド・マスタの印刷物を所有している。年齢数世紀であり、それらの多く非常に敏感である。

私は、アルバーティーナの収蔵庫は2回入っている。
私の学生証は、水戸黄門の印籠より、効果があった。

従って、たとえ所有財産のほとんどが、保持されたオンサイトであっても、展示中のパーセンテージは非常に低い。
展示は、見本であって、本当に見たいものは申請して、許可を得ることで見ることができる。
他の美術館はそれらのキャッシュを秘密のオフサイト倉庫に保持する。
それも、申請すれば見ることができる。
ここで具体的に言うと、おっちょこちょいが真似をするので、ここでは書くことを止めておく。

私は、古文書官や博物館で拒否されてことがない。
キュレーターが、もたもた言ったら、学生証を見せて、館長に直接交渉をしてきた。
館長が、何か言ったら、私の教授に連絡するようぬ言うと、その連携はパーフェクトであった。
私が師事した教授は、まずヨーロッパ中で知らない人はいない。

以前、日本の大学教授が、ある博物館の地下に眠る石碑を見れば、博士号がかけると言っていたので、私が許可を取って地下に入ったことがある。

ただし、その教授は、中世ラテン語とギリシャ語のAbbreviatorが理解できず、読めなかった。

「あなたの全国的なコレクションの5%を展示されて持っていることは、人々が、理解しづらいのを発見する何かである」が 言う。

イギリスのキュレーターであるジャスパー・シャープ(Jasper Sharp)は、2013年のベニス・ビエンナーレ(2013 Venice Bienniale)でオーストリアの展示館の委員であった。

従って、多くのアート組織は、いわば、それらの材料を示すための方法を考え出している。

永久的なコレクションは一般に、どの多くの主要な組織が、行ない中にあるかイメージをデジタル化する以外、所有財産を表示するための一方の方法が、Schaulagerのアイデアである。訪問者は、ガラスの後ろでまたは復元の間に作品がスライディングラックにアーカイブされるのを見ることができる。

結局、見たい作品があり、見るべき理由があれば、どこでも見ることができる。

日本でも国立公文書館にある本阿弥光悦の伊勢物語第1種イ版を手にとって、なんども見ているし、マイクロフィルムに新規撮影も許可された。

エルミタージュの貯蔵施設は、長い間コレクションの2014年と申し出ガイド・ツアーの時に非可視に開いた。
アートのブルックリン美術館のようにアクセス可能な倉庫センターも作成したた多くの米国美術館もある。

何となくみたいでは、ヨーロッパの高級古書店でも、相手にしてくれない。