on-the-time.jp

2015-01-30

毒ガスの使用100周年、それは、どのように必殺だったか!?

戦争と平和

BBC Newsは2015年01月30日に、戦争での最初の主要なガス攻撃は、100年前起こった。
この週末、現在ポーランドである場所で起こった。ガスはすぐ塹壕戦の規定通りの機能になり、怖がり、どのような通常兵器より多く軍務に服する。しかし、それは、実際、そのひどい評判が示唆するのと同じくらいひどかったか?

彼が、ワルシャワの西ボリムフ(Bolimow)の教会鐘楼のトップに昇ったので、、ドイツの第9連隊の将軍マックス・ホフマン(General Max Hoffman of Germany's Ninth Army)は、軍隊のブレークスルーの鳥瞰図を予期していた。そして、戦闘の新しい章が始まった。

日付は1915年01月31日であり、彼は、まさに歴史での最初の主要なガス攻撃に立ち会おうとしていた。

[AD] You can advertise on this site.

18,000のガスシェルが、ロシアの最前線で、催涙ガスの早い形化学キシリル臭化物(chemical xylyl bromide)によって満たされた個々のものに雨のように降らせた時に、情報将軍ホフマンは見た。しかし、結果は彼をがっかりするように放置していた。

「私は、その時、私達がそのような大きい量を想像したので、この弾薬の雇用からずっと大きい結果を予期した。ガスの主たる効果が、大きい冷気により破壊されるのは、その時知られていなかった。」

しかし、Bolimowでの失敗は証明し、一時的な妨げであっただけであった。

4月までに、ドイツの化学者は、塩素ガスを与圧されたシリンダから解放する方法をテストし、数千のフランス-アルジェリア人軍が塩素の幽霊のような緑色の雲により、2番目のイープルの戦い(second Battle of Ypres)で包まれた。どんな保護なしでも、多くは窒息の苦悶のため死ななかった。

数日内で、デーリーメール(Daily Mail)は、ドイツによって、編集の抗議として「the cold-blooded deployment of every device of modern science" by the Germans(現代科学のすべての機器で、冷血な展開)」を発行した。

イギリス海外派遣軍の司令官ジョンフランス卿(The commander of British Expeditionary Force, Sir John French)は、ガスの使用を、「a cynical and barbarous disregard of the well-known usages of civilised war(文明化された戦争で、有名な慣習のシニカルで、野蛮な無視)」と呼んだ。

しかし、4ヶ月後に、イギリス自身が、ルースの戦い(Battle of Loos)でガスによってドイツの溝を攻撃した。

「私達のポジションへのそれらの攻撃は、窒息ガスの敵による繰り返された使用のため、私は、同様な方法で行くことを強制された」とジョン卿は説明した。

このイギリス敵視後方は、戦場を拡大し、多くの死を引き寄せる。

この新しい武器について心地悪い感触をしていた両面に司令官がいた。

「私が、それが世界¥のすさまじいスキャンダルを生み出すことを恐れている戦争は、これ以上騎士制度と関係がない。文明上昇がより高くあるにつれて、人がなり、より下劣である。」、フランスのドイツ第3連隊の司令官カール・フォン・アイネム将軍(Gen Karl von Einem, commander of the German Third Army in France)が書いた

イギリスの側de、チャールズファーガソン中将(Lt Gen Charles Ferguson)は、イギリスが、ガスを使う1番目ではなかったけれども、まだ「戦闘の臆病な形」としてそれを退けることに注意した。

そして、新しい、より効果的なガスを開発するためにドイツとイギリスとフランスが努力する間でさえ、それは、「汚い武器」と放送局で、イギリスの大きい戦争のの著者ジェレミー・パクスマン(Jeremy Paxman, author of Britain's Great War)が言うことで、それゆえ考えられ続けた。

「剣または銃についてずっと軍人らしい何かがあった。ガスは開始からイメージ問題を持っていた。」

戦場でそれらが使われる前にさえ、1899のデンハーグ会議(The Hague Convention of 1899)が、「窒息するまたは有害なガスの拡散」のためのシェルを禁止した。

しかし、他の武器と比較して、まったく問題がないという意見もあった。
例えば、1915年にJFエリオット博士は地方新聞に、
「私は、化学の物質によって人を殺すこと、および高性能爆薬で人をばらばらに引き裂くことの違いを見ることができない。死の第一に名付けられた形は実際は最も慈悲深く、他のひどい武器は同時に開発された。ガスの2ヶ月前の1915年の西部戦線での火炎放射器出現。他武器は、機関銃のように殺人的な完璧さの新しいレベルに研がれた。すべての最も大きい殺人者は大砲であった。」と書いている。

死傷者数は一見したところ、兵士のそれの恐怖ほどガスが必殺ではなかったというアイデアをバックアップすることは示唆するかもしれない。

国立戦争博物館(Imperial War Museum)による資料は、1916年にソンム川の戦い(Battle of the Somme)の最初の日にガスにより起こされたイギリスと帝国戦争死全体の数は、約6,000であった。
至る所にガスによって死んだ90,000人の兵士のうち、半分以上はロシア人で、その多くの人々はマスクさえ身につけていなかったかもしれないと言っている。

はるかにより多くの兵士は負傷しました。
約185,000人のイギリス人と帝国サービス要員はガス犠牲者とみなされた。
マスタードガスを使用した戦争の最後の2年間で、それらが用いられた175,000、圧倒的得票差は、回復し続けた。

国立戦争博物館によると、1929年までにイギリスの軍人に支払われているおよそ600,000の障害年金のうち、わずか1%は、ガスの犠牲者とみなされると報告した。

つまり、話題の割りには、あまり被害者は居なかった。

1915-04-22---第1次世界大戦でドイツ軍が初めて塩素系毒ガスを使用した。
1915-01-31---第1次世界大戦でドイツ軍が、化学キシリル臭化物を雨のように降らせた。

ボリムフ(Bolimow)のGoogle Earthポインター情報
52°03'23.2"N 20°10'52.8"E
または、
52.056436, 20.181331

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.