AD SPACE

2015-01-30

Vicar's 9/11 Facebookの投稿は、教会に調査された。

宗教政治

BBC Newsは、英国国教会は、Vicar(英国国教会の聖職者)が投稿した米国で起こった9/11テロ攻撃のためのFacebook非難イスラエルに貼り出すので告発され。調査していると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

牧師スティーブン・シッツアー(Stephen Sizer)は、申し立てによるとサリーのバージニア・ウオーターのクライストチャーチの聖職者で、「9/11 イスラエルはそれをした。」にリンクを、与えられた。

彼は伝えられるところでは、「これは反ユダヤ主義であるか?それはそんなに多くの問題を上げる。」と書いた。

ギルフォードの教区は、調査することが「即時のステップ」を取っていると伝えていた。

教区のスポークスマンは、どれがスティーブン・シッツアーを監督するか、アウシュヴィッツの解放の70周年記念日と同じ週でポストが出現したことが、「深い悲しみと恥辱」の問題であったといわれている。

「私達の注意は、『9/11 イスラエルはそれをした』という表題を付けられる品物と接続されたそれらのコメントrevスティーブン・シッツアーにおいてソーシャル・メディアのrevスティーブン・シッツアーによるコメントに引き付けられた。」と、スポークスマンは言った。

「これらのコメントは、正しくそれらが送られた時に、いつでも受け入れ不可能に見られる。すべての週の今週それらが送られたことが、深い悲しみと恥辱の問題である。」

「revスティーブン・シッツアがライセンスされるギルフォード教区は、調査するために、即時の処置を取っている。教区は問題のまじめさに気づき、また、英国ユダヤ人の代理人のボードと連絡している。」

BBC宗教仕事特派員キャロライン/ワイアット(Caroline Wyatt)は、スティーブン・シッツアは、イスラエルとシオニズムのブログ投稿についてのユダヤ人のコミュニティ・リーダーとの論争の履歴を持っていた。と言った。

2013年に、スティーブン・シッツア博士と英国ユダヤ人の代理人のボードは、ユダヤ人についての彼のブログ投稿についての長期の論争を終えることに向けられた調停された協定に達した。

BBCの特派員は言った。 スティーブン・シッツアはFacebookポストを取り除いたけれども、伝えられるところでは、それを防御し続けて、彼が励みになっていたと言って9/11で、より多くの「重大な主張」を討論する。

英国ユダヤ人の代理人ボードで副プレジデントであるジョナサン・アルクシュ(Jonathan Arkush, vice-president of the Board of Deputies of British Jews)は、ユダヤ人ニュースで「ちょうどそれが不合理に向こうことであるので、実際には9/11残忍性についての責任のためユダヤ人を告発する記事は、疑いなく反ユダヤ主義である。」を話した。

本当に、根拠を持って9/11残忍性と、ユダヤ人を証明できるのだろうか?
最近、日本の大学教授などが、根拠を持って証明できない、不思議な文章を日本大手新聞が記事にしている。

よく聞くと、日本の新聞記者は、博士号を持たず、大学院にも行っていない人が多いようで、論文の書き方を知らないと聞いたことがある。

ヨーロッパで、このような記事を公開したら、著作権侵害で訴えられる。

まず、新聞記者の教育からやり直すべきかもしれない。

2015-01-09---最近、気になる日本経済新聞電子版のニュース-5「エスカレーターのマナー」

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE