on-the-time.jp

2015年01月28日

頭蓋骨発見で、初期人間とネアンデルタールの異種セックス交配を示唆。

超過去

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、西のガリラヤの北イスラエル洞窟(Israeli cave in western Galilee)で見つけた55,000年前の女性の頭蓋骨は、アフリカからヨーロッパへの異種セックス交配と動きを接続することを明らかにしたと報告した。

セックスというと、いろいろ誤解する人も多いが、例えばトルコとギリシャの文化人類学を研究している人は、セックス交配が、最も重要な勢力地図を明らかにしている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

単一の化石が十分であるかもしれないほとんどの古存在論者であるけれども、神経頭蓋がずっともっと多くを提出したことのために、最初の先史時代の会合の約束が、それらのしかめっ面のネアンデルタール人のいとことセックスをして、現代の人を結果として生じた場所でありそうな位置を示唆した。

西のガリラヤの洞窟で発見されta部分的な頭蓋骨は、たぶん女性に属し、約55,000年前に、その領域で生きて、死んだ。そして、初めて即座に現代人に配置した。

ヒトは最低60,000年前アフリカの外を歩いたけれども、その時ヨーロッパの部分の厳しい気候は、約45,000年前まで大陸の多くを横切るそれらの広がりを妨いだ。

頭蓋骨は、現代人の集団が、上昇したのは凍結された気候が弱まり、領域が、より住見やすくなった後に、ないレバント地方に到着し。ない植民地化されたヨーロッパ を与えたかもしれことを明らかにする。

テルアビブ大学のイスラエル・ヘルシュコビッツ(Israel Hershkovitz at Tel Aviv University)は、顔と口部は見つからなかったけれども、その頭蓋骨は並みはずれた発見であった言った。

はっきりと、その解剖学において現代的に、神経頭蓋は、丈夫に築かれた初期現代人ヨーロッパ・クロマニヨン人と似ているけれども、いくつかのアフリカの特徴を保有する。

「それは驚異的である。これは、私達がアフリカをヨーロッパと接続する特徴を持っている最初の見本である。」と、イスラエル・ヘルシュコビッツはガーディアンに言った。

近い村のために下水道溝を切り取る間ブルドーザーが屋根を突破した時、偶然に発見された巨大なマノト洞窟(Manot cave)の側室の岩の多い棚で、古存在論者は、頭蓋骨を発見した。

科学者が、シーリングに引き裂かれた穴を通して、絶壁を下降した時に、彼らは、20mを超える深さ、広げられた洞窟の幅50mおよび長さ100mであることを発見した。

洞窟へのオリジナルの入口は約30,000年前崩壊し、洞窟の内部を封印した。

「私達は私達の目を信じることができなかった。私達は、直ちに、それが先史時代の洞窟であり、非常に長い間そこに人が住んだことに気がついた。そんなにずっと前に入口が崩壊したので、それは時間内に凍結された。

誰も、その中のために30,000年間入ったことがなかった。」と、イスラエル・ヘルシュコビッツは言った。

「莫大な中心的な洞窟といくつかの美しい側室がある。一面室には、頭蓋骨は岩の多い棚に加えてそこに横たわっていた。私達を待つことがそこにあった。私達はそれを拾う必要だけであった。」と、彼は付け加えた。

サイトでの発掘により、現代の人とアンテロープ骨格(antelope bones)の印象的な運搬距離があったけれども、部分的なその頭蓋骨は、洞窟から回収された人の残りの中で最も古い。

どのように、洞窟の側室の棚に置かれるように、あったかはミステリーである。それは、洪水により洗われた後に、そこで停止したかもしれない。

または、たぶん、それは洞窟で別の個々の生きた人によりそこに意図的に置かれた。

イギリスの科学雑誌ネイチャー誌(the journal Nature)を書き込むことによって、科学者は、どのように、55,000年前への日付の記入頭蓋骨が、ネアンデルタール人とすでに住んでいた時に、現代の人領域に到着したことを明らかにするかを説明する。

Levantine cranium from Manot Cave (Israel) foreshadows the first European modern humans

Israel Hershkovitz,
Ofer Marder,
Avner Ayalon,
Miryam Bar-Matthews,
Gal Yasur,
Elisabetta Boaretto,
Valentina Caracuta,
Bridget Alex,
Amos Frumkin,
Mae Goder-Goldberger,
Philipp Gunz,
Ralph L. Holloway,
Bruce Latimer,
Ron Lavi,
Alan Matthews,
Viviane Slon,
Daniella Bar-Yosef Mayer,
Francesco Berna,
Guy Bar-Oz, Reuven Yeshurun,
Hila May,
Mark G. Hans, Gerhard W. Weber
Omry Barzilai

Nature (2015) doi:10.1038/nature14134
Received 28 May 2014
Accepted 02 December 2014
Published online 28 January 2015

同じ時間からのネアンデルタール人の骨格が、アムッド洞窟(Amud cave)から東に24マイル(40km)、ケバラ洞窟(Amud cave)から南への30マイルのマノト洞窟の回収されたことと。

その現代の人とネアンデルタール人は、50,000年〜60,000年前に、マノト洞窟のまわりの土地を共有し、現在ガリラヤである丘が提供したかもしれない方法は、ネアンデルタール人DNAの微量を持つその左の無アフリカ人を異種交配することのスペルへのロマンチックな背景がある。

遺伝の研究により、西のアジアで最もたぶん同じ50,000年から60,000年まで期間に、人とネアンデルタール人が交配したことが示唆される。

イスラエル・ヘルシュコビッツは、「マノトは、ネアンデルタール人と現代の人の異種交配への最もよい候補であり、他の候補者が本当に全然いない。」と、言った。

「マノト洞窟の人々は、私達が知っている唯一の人口であり、時間の非常に長い期間の間、同じ地理の領域をそれで共有した。」と、彼は付け加えた。

頭蓋骨からのDNAなしでは、マノト洞窟の個人がそのような結合の結果であったかどうかを知っていることが不可能である。

自然史博物館の人の起源のトップであるクリス・ストリンガー(Chris Stringer, head of human origins at the Natural History Museum)は、確かに、領域が、起こった主要な異種交配で、それのための競争者であると言った。
前50,000年前 イスラエルが 現代よりさらに北であった可能性があった。

「約55,000年前で、これは、早い現代人とネアンデルタール人の間で異種交配することが見積もられているtimeframeによく日付を書かれる西のアジアから最初の現代の人である。」と、彼は言った。

「約60,000年前、仮定として、アフリカを出る現象(out-of-Africa event)においてマノトがとらえづらい最初の移民のうちのいくつかを表しているかもしれないこと、子孫がすぐアジア、およびまたを横切ってヨーロッパに最終的に広がる人口。その発見は、この危険な領域と時間から、より完全な見本をのぞむことを引き起こす。」と、彼は付け加えた。

2014-08-20---ネアンデルタールの新しい日付は、歴史を書き直す。
2014-08-07---焼き鳥を最初に食べたのはネアンデルタール人。
2014-06-26---これまでに発見された最古の『人間糞』の分析。
2014-06-20---古代人の顔の特徴は、部族間闘争すれば、するほど速く進化。
2014-06-08---インドの聖地の糞便は、抗生物質耐性に手掛かりを提示した。
2014-04-30---研究者は、ネアンデルタールが私たちよりのろまではなかったと言った。
2014-04-22---牛糞から、80種の抗生物質耐性遺伝子を検出。
2014-02-07---アフリカ以外で、最古の人の足跡をノーフォークで発見。
2013-12-31---2013年は、どのように考古学は見たか?
2013-12-25---2013年の科学および環境ニュース・ハイライト。
2013-12-04---脚骨は、最も古い人間のDNAで、ギブアップした。
2013-11-28---巨大な有史以前の最古のトイレと、膨大な数の糞の化石発見。
2013-10-25---人的廃物をエネルギーに変えるトイレ・システム。
2013-09-19---ハツカネズミには「猫に対する固有の恐れを失う場合がある。」
2013-03-21---トイレと携帯電話。
2013-02-04---ネアンデルタールが、これまでの研究以上に早く消えていた?
2012-11-17---トイレの便座が、家庭で本当にもっとも汚い場所か?
2012-11-07---パリジェンヌのマンモスの化石を発見か?!
2012-08-29---TOTOが排せつ物で動く「トイレバイク ネオ」を披露!
2012-08-08---考古学者は、世界最古のマッチを発見したと主張!
2012-06-25---中国の鶏糞電力を供給する鶏経済学!
2011-12-02---ネパール、雌牛糞生物ガス専門知識を外国へ輸出!
2011-02-07---人類の脳が3万年で、1割縮小していた。
2010-11-18---排便人形が今年も大盛況!
2010-12-28---ネアンデルタール人は野菜も食べていた。
2010-12-27---イスラエルの洞穴で、40万歳を歯を発掘した。
2010-09-02---鳥の「うんこ」を売って大金儲けをするペルー人!
2009-09-30---観光客の排泄物で、希少なエビが絶滅か?!
2009-09-29---12万年前の地層から、前期旧石器時代の国内最古の旧石器を発掘。
2009-06-24---初期のヨーロッパ人は、人食い人種だった。
2009-02-12---ネアンデルタール人のゲノムの60%をカバーする30億のDNAを配列分析。
2009-02-12---Vindija洞窟のネアンデルタール、3,000,000,000のDNAを配列分析。
2008-04-15---3万年前のネアンデルタール人の音声再現!
2008-04-03---「糞」の化石は、BC1万2,300年頃であった。
2006-12-11---エル・シドロン洞窟で発見されたネアンデルタールは人を喰う習慣があった。
2006-09-14---ゴーハムの洞窟でネアンデルタールが、難を避けるため住んでいた。
2006-08-29---ネアンデルタールの遺伝子を継承している人。
2005-06-19---チェコで、ネアンデルタールの特徴がある末期の骨を発掘した。
2005-03-23---火星で収集した石を調査で、時代予測が大きく間違っていることが判明。
2004-11-08---ネアンデルタールの由来討論。
2004-03-22---オレゴン州のPaisley近くにある洞窟で、「糞の化石」を発掘した。
2002-04-23---頭蓋骨骨折したネアンデルタールは生きていた。
2000-09-00---アンダルシアでBC2万8,000年頃のネアンデルタールを発掘。
2000-03-28---ネアンデルタールと現代人は7%の違いがあった。
1999-09-30---フランスのMoula-Guercy洞窟で食人習慣があった。
1999-02-16---ネアンデルタールがBC40万年前に話せるようになった。
1998-11-28---BC2万2500年頃のハイブリッドの骸骨を発見した。
1998-04-28---フランスで発掘された2体のネアンデルタールは話ができた。
1997-07-11---ネアンデルタールはBC60万年から50万年に、まだアフリカにいた。
1997-05-06---30万年から20万年と推定できる32人分の人骨化石を発見。
1996-10-01---ネアンデルタールとホモ・サピエンスが先祖と分かれた。
1996-05-27---フランス中央部で発掘された石器は、それまでよりかなり洗練された。
1994-00-00---イラクのザグロス山で、墓から8種類の花粉粒を採取した。
1994-00-00---ネアンデルタールの鼻が不必要なほどに大きいと主張した。
1988-10-00---ネアンデルタールChâtelperronian文化時代をNGが規定した。
1988-10-00---スラエルのカバラ洞窟のネアンデルタールが6万年前。
1985-11-00---フランスのセント・セゼールで後期ネアンデルタールの骸骨を発掘。
1985-11-00---BC10万年頃から死者を埋葬し始めた。
1985-11-00---脳のサイズは、BC12万5,000年と現代人がほぼ同じであった。
1961-06-21---アムッド洞で、ネアンデルタールの化石を日本チームが発見した。
1914-00-00---BC4万年前頃と言われるネアンデルタールの赤ちゃんの骨を発掘した。
1909-09-17---フランスのLa Ferrassie, Dordogneでホモ・サピエンスが発見された。
1907-10-02---マウエル村で、BC50万年の「ホモ・ハイデルベルゲンシス」が発見された。
1856-08-00---デュッセルドルフの近くで、最初のネアンデルタールが発見された。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。