gaYa広告

2015年01月21日

SafaricomはM-PesaのためのPOSサービスを売り込む。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Business Dailyからの情報として、Safaricomが、そのLipa Na M-Pesaサービスのための適しているエージェントについて、ケニアの2つの主要なスーパーマーケットに話していると報告した。

その2つの主要なスーパーマーケットは、あTuskysとNakumattである。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

オペレータは3店舗のTuskys店ですでにサービスを操縦し、また、Nakumattとも同様な配置について話している。

Lipa Na M-Pesaサービスは、それらのM-Pesaアカウントから、お金を、小売店、燃料ステーション、薬局、ホテル、航空会社などのマーチャントに割り当てられた特別な数に送ってユーザーに店を払い込むことを可能にする。

Safaricomは、ケニアの3番目と4番目に大きいスーパーマーケットの上ですでにサービスにサインしていた。

オペレータは、POSトランザクションを処理するための銀行によりチャージされる平均的な3%の手数料より少ないLipa Na M-Pesaサービスにおいて料金を処理している1%を小売店に請求する。

M-Pesaに基づく小売りのサービスは、それが、高く、けれども薄利を楽しむその中心的なP2P振替機能へのその依存を減らすことに努めるとSafaricomにより採用された1つの戦略である。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告