gaYa広告

1月23日

全国手書き日(National Handwriting Day)

人物

ワープロやノートパソコン、スマートフォン、タブレットバドなど、ほとんどがキーボードなどで文字を入力するようになっていることから、WIMAthe(Writing Instrument Manufacturers Association)が1977年に、手書き文字を奨励しようと制定した記念日。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

01月23日は、アメリカの創始者であり、独立宣言のジョン・ハンコック(John Hancock)の誕生日に祝福した。

Business Insiderでスカイ・ゴールド(Skye Gould)は、全国手書き日に敬意を表して、私達は、歴史のうちのすべてで最もクールなサインによって17人の有名な人々を選んだ。ドイツのアーティストであるアルブレヒト・デューラー(Albrecht Dürer)、伝説上のアルゼンチンのサッカー選手ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)などのサインを見るためにスクロールし続け、次はあなたのサインを考えて欲しい。

そう言えば、15世紀末から16世紀にかけて、多くのアーティストが独自のサインを残している。
これは、アルブレヒト・デューラーがニュールンベルグで開校した木版画学校の影響かもしれない。
有名な女性の裸を描き、マルチン・ルターの肖像が描いた画家で貴族のルーカス・クラナッハ(Lucas Cranach)は、デューラーの学校に行っていた。彼は金持ちの道楽者で、イタリアにも出かけ、当時のダ・ビンチやミケランジェロにもあっていたとも言われている。
今風に言えば、大資産家のポルノ画家であった。

彼のサインは、当時の悪魔ドラゴンが描かれている。

悪魔のサインを書くクラナッハが、宗教改革をしたプロテスタントのマルチン・ルター(Martin Luther)の肖像を描いても問題ではなかった。

さらに、米国で黒人の人権を訴えたルーサー・キング牧師の正式名はMartin Luther King, Jr.で、ドイツ語読みするとマルチン・ルター王の息子である。

また、当時の王であったマクシミリアン1世(Maximillans I)の祈祷書は、今もミュンヘンで見ることができるが、そこにはデューラー、アルトドルファーなど、有名な当時の画家がイラストを描き込んでいることから、一気にサインが一般化したのかもしれない。
彼らをフルに活用したニュールンベルグの印刷工ハンス・ショーンシュペルガー(Hans Sönsperger)も忘れることができないだろう。

昔、自分の名前の英文表記で、よく見ると富士山と帆掛け船に見えるようにデザインをしたことがある。

日本では、多くの芸能人が不思議なサインを作っている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。