1月23日

全国手書き日(National Handwriting Day)

人物

ワープロやノートパソコン、スマートフォン、タブレットバドなど、ほとんどがキーボードなどで文字を入力するようになっていることから、WIMAthe(Writing Instrument Manufacturers Association)が1977年に、手書き文字を奨励しようと制定した記念日。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

01月23日は、アメリカの創始者であり、独立宣言のジョン・ハンコック(John Hancock)の誕生日に祝福した。

Business Insiderでスカイ・ゴールド(Skye Gould)は、全国手書き日に敬意を表して、私達は、歴史のうちのすべてで最もクールなサインによって17人の有名な人々を選んだ。ドイツのアーティストであるアルブレヒト・デューラー(Albrecht Dürer)、伝説上のアルゼンチンのサッカー選手ディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)などのサインを見るためにスクロールし続け、次はあなたのサインを考えて欲しい。

そう言えば、15世紀末から16世紀にかけて、多くのアーティストが独自のサインを残している。
これは、アルブレヒト・デューラーがニュールンベルグで開校した木版画学校の影響かもしれない。
有名な女性の裸を描き、マルチン・ルターの肖像が描いた画家で貴族のルーカス・クラナッハ(Lucas Cranach)は、デューラーの学校に行っていた。彼は金持ちの道楽者で、イタリアにも出かけ、当時のダ・ビンチやミケランジェロにもあっていたとも言われている。
今風に言えば、大資産家のポルノ画家であった。

彼のサインは、当時の悪魔ドラゴンが描かれている。

悪魔のサインを書くクラナッハが、宗教改革をしたプロテスタントのマルチン・ルター(Martin Luther)の肖像を描いても問題ではなかった。

さらに、米国で黒人の人権を訴えたルーサー・キング牧師の正式名はMartin Luther King, Jr.で、ドイツ語読みするとマルチン・ルター王の息子である。

また、当時の王であったマクシミリアン1世(Maximillans I)の祈祷書は、今もミュンヘンで見ることができるが、そこにはデューラー、アルトドルファーなど、有名な当時の画家がイラストを描き込んでいることから、一気にサインが一般化したのかもしれない。
彼らをフルに活用したニュールンベルグの印刷工ハンス・ショーンシュペルガー(Hans Sönsperger)も忘れることができないだろう。

昔、自分の名前の英文表記で、よく見ると富士山と帆掛け船に見えるようにデザインをしたことがある。

日本では、多くの芸能人が不思議なサインを作っている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告