2015年01月21日

絶望的なチンパンジーとゴリラにもエボラ出血熱ワクチンが必要。

自然美容と医学の科学

iflscience.comは、メディア配慮をたぶん当然ながら、ほとんど受け取らなかったエボラ出血熱危機が、私達の最も近いいアフリカの大型類人猿で脅威になっていると報告した。

現在、エボラ出血熱はゴリラとチンパンジーの生き残りへの単一で、最も大きい脅威である。

それがゴリラのための死亡率約95%およびチンパンジーの77%で、ウイルスは他の大型類人猿のためにいっそう必殺である。

現在の見積りは世界のゴリラ、チンパンジーは、1990年代以来エボラ出血熱のため3分の1が死んだ。

人は、これらの死から、伝染病に入る傾向がある。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

1995年の突発は、北のガボンのミンケベ公園(Minkébé Park in northern Gabon)のゴリラの90%より多くを殺したと報告されている。

コンゴ民主共和国(Democratic Republic of Congo)のZEBOV(the Zaire strain of Ebola/エボラ出血熱のザイール緊張)2002-2003年は、1つの単一の突発あたり約5,000匹の西のゴリラが殺された。

そのようなとらえづらい生き物を正確にカウントすることが困難であるけれども、 WWF見積りでは、荒野に残された最高100,000頭がある。従って、単一のエボラ出血熱突発は世界のゴリラ人口のかなりのかなりの量を拭き取った。

アフリカの大型類人猿の下落数の後ろにもちろん追加のファクターがある。野生生物と野生動物の肉、戦争、森林伐採、および他の伝染病での違法な取引。

世界の残留野生の猿が、捜し回るそれらの能力を妨げる森林の分離されたポケットにますます押し込まれて、ハンターから隠れるために繁殖する。

気候に証拠とのリンク、森林伐採およびその後の変化の増大、エボラ出血熱および他の伝染病の広がりにある。

霊長類学者ピーター・ウォルシュ(primatologist Peter Walsh)は、2003年の記事で、法の執行、保護されたエリア管理、およびエボラ出血熱防止での攻撃的な投資なしで、次の10年は、私達の最も近い親族が絶滅のふちに押されるのを見ると予測している。

2008年以来、IUCNは、危険に批判的にさらされるように東ゴリラ(Eastern Gorilla/Gorilla beringei)と西ゴリラ(Western Gorillas)をリストする。

もし私達が速く行動しないならば、これらは、それらの生息地に住むために猿が留まることができる最後の数十年であると判明するであろう。

あいにく、そこで、実行可能な解決策を実施する方針を政治的な意志の不足であるようである。

私達には、未来の突発を防止するためにエボラ出血熱と長期の1の広がりを停止させることの両方で、短期の解決策が必要である。

短期戦略として、予防接種は、猿のエボラ出血熱危機に取り組むことについて非常に有益であると判明するかもしれない。

人は、ゴリラと猿のためのワクチンと違って、どれが安全で、効果的であるとこれだけずっと証明され、発展させられた。

今までのところけれども これらのトライアルが、ライブのウイルスによって、予防接種されたチンパンジーに「挑むこと」を伴っていなかった 。

ヨーロッパの多くでは、大型類人猿についての医学の研究が禁止されるか、またはそれらの認識の類似のため人に高く限定される。

問題は、このケースに私達が除外をするべきであるかどうかである。

長期に、森林生息地を復元することに向けられた保存努力は、より大きい植林されたエリアが、互いの接触に入る感染した動物のチャンスを減らすとウイルスの広がりを抑制するのにも役立っているかもしれない。

タンデムな森林再生のため、また野生動物の肉消費をコントロールするハンターおよび厳密な法律からの猿のためのより偉大な保護が、猿と人のために大いに有益であると言っている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。