2015-01-15

展示のため、異なったウェアラブル・ペイメントをセット。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、ドイツのベンダーであるワイヤーカード(Wirecard)による新しいウェアラブル機器によって、ユーザーは、NFC-ベースの支払いターミナルに対して、それをウェアラブルで保持して支払いをすることができると報告した。

スマートバンドを他のそのような製品と区別するものは、それがHCE(host card emulation/ホスト・カード・エミュレーション)テクノロジーを使うことである。

HCEは、業務のためのデータを、ハードウェア・ベースの安全な要素を使わずに、モバイル機器よりもむしろクラウド・サーバーに格納されて、それからアクセスさせる。
Wirecardは、そのそで口が、HCEに基づく最初のウェアラブルペンイメントであると言った。

トランザクションの詳細は、スマートフォンapp.だけでなく、身の手首に着けられたスマートバンドは、ブルートゥース4.0(Bluetooth 4.0/BLE)を経たスマートフォンと無線で接続するウェアラブル機器のスクリーンで、リアルタイムに表示される。

機器は、また、ロイヤリティ計画(loyalty schemes)や入場コントロール(admission control wristband)で、ウェアラブルとして使われうるなど。多くのモバイル・サービスに接続しているかもしれない。
それは、観光船、フェスティバル、休日のリゾート、ホテル、ゲレンデ、テーマパークなどの設定において作動すると、会社は言った。

非接触支払い額を運び出すために、ユーザーは、最初、それらのスマートフォンを経たそれらのウェアラブル機に一回限りのトークンをプリロードする。
これはWirecardのNFC HCEテクノロジーを通してされる。
個々の支払いトランザクションのために1つのトークンが使われる。
トークンは、安全で、クラウド・ベースのサーバーに蓄えられて提供されたカードデータを取り替える。

ユーザーの携帯電話がオフライン・モードにある時には、Wirecardスマートバンドは、また、支払いをするために使用できる。

スマートバンドは、ミュンヘンのDLD15イベントで、2015年01月18-20日に展示される。

これは、ウェアラブルと言うが、スマートフォンの部品として情報を経由させる通信ターミナルで、1チップで実現できる。

最近登場しているウェアラブル・コンピュータは、このような通信ターミナルが主流のようである。
だったら、もっと低価格で提供できるはずである。