2015年01月12日

チョコレート卵レシピのやり直しで、チョコレートの恋人が発狂!?

美容と医学の科学

FoxNewsは、大好きな復活祭キャンディのうちの1つが、米国ベースの製作者によってオーバーホールを得た後に、イギリスのチョコレートの恋人は発狂して、弾んでいると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

現在、卵型チョコレートメーカー のキャドベリー (Cadbury)を所有しているクラフト・フード(Kraft Foods)は、もうその卵のためのレシピ・クリームで、キャドベリーのデアリーミルク(Cadbury's Dairy Milk)を使わず消費者を呆然とさせた。
そして、さらに会社は価格を変更しないで、パッケージも6つの卵から5に減らしている。
米国巨人クラフト・フードは、Mondelez Internationalという名前で、2010年にそのグローバルな軽食ビジネスと共に、キャドベリーを買った。

新聞The Sunによると、消費者は、クリーム卵の最新のバッチがそのおなじみの味を持っていないと報告した。
キャドベリーは、タブロイド紙に、シェルの「標準のココア色の混合チョコレート」のため、デアリーミルクの外でそれを切り換えたと確認した。

「それはデアリーミルクではない。」と、Mondelezスポークスマンは、日曜日に「それは同様であるけれども、正確には、 デアリーミルクではない。」と言った。

新しい5パックが、£2.85の(US$4.30)推奨された小売価格で、古い6入りパックは£3.05(4.60)であった。

怒ったファンは、それらの失望を表現するために、ソーシャル・メディアに没頭した。

ボイコットするために、呼び出しさえある。

「Boycott the company for there cheap under hand tactics towards consumers we expect it from nestle on yorkie bars but now caburys?"」[原文ママ]。

キャドベリークリーム卵(The Cadbury Creme Egg)は、1975年以来イギリスの復活祭の季節に伝統である。会社は、1年間で 3億より多く売れていると言う。それは毎年、元日からイースター・デーに入手可能である。

2011-01-12---卵型チョコ密輸で、米国国境パニック!

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。