gaYa広告

2015年01月14日

中国ブームは終わった。

未来政治経済

米国の雑誌「TIME」は、中国ブームは終わった。そして、それについて次になにをすべきかについてポールJリム(Paul J. Lim)が解説した。

数十年間、グローバルな経済を推進する用意ができているようであった活発な中国は、現在、成長を遅らしている期間に貼り付けられる。ここで、あなたのポートフォリオのためにそれが意味しているものがある。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

投資テーマのすべてがそんなにしばしば、あなたが思うようにうまくいき、それは無視できず、そんなに大きく、注目せずにはいられないようである。
これは、日本の株を持つ1980年代に起こった。
再びそれが1990年代.のインターネットブームによって起こった。
あなたは、どのようにそれらが終わったかを知っている。

現在、歴史を中国が繰り返しているようである。

単に10年前、中国は、グローバルな経済を何年もの間独力で操作するエンジンとして認められた。
遂行されて、決して前に10億人の中国人が何かを試みなかったようにそれはもっともらしいようであった。土地再分配論者から、単一の世代の時のすべてが、消費者経済への産業へ転換であった。

しかし、最近、繁栄へのこの乗りが滑り止めに当たった。
不動産バブルは消費者の富をかしめる恐れがある。
様々な産業の過剰投資は成長を弱めそうである。そして、開発された経済への推移は、他の出現市場を止めた無器用なフェーズに貼り付けられる。

不思議はない中国の普通株で、昨年の強いはね返りは、2007年のピークから、約半分に沿ってそれらがあった。

それの前の日本とドットコムマニアのように、中国は昔と同じ物語のように見える。
シアトルのレイニアー投資管理国際投資の頭ヘンリックストラボン(Henrik Strabo, head of international investments for Rainier Investment Management in Seattle)は、「あなたは中国にいる必要があるか?」を要求する。「真実は、Noである。」

もしあなたが中国物語を買い。2000年に数十万人の米国投資者が、US$1760億を、中国に大きい賭け金を持っている出現市場相互および交換取引資金に投資したので、それが、かなり大胆なステートメントである。

実のところ、たとえあなたが中国の株に直接投資せず、広域的で国際的な公平資金を単に保持しても、中国の大きい減速は、どのようにあなたが、あなたのポートフォリオについて考えるべきであるかにインパクトを持っている。ここに、あなたが中国の次の章について理解している必要があるものである。

中国はヒット1より多く、スピードの衝突を持っている。

前10年あたり10%を超える年間のクリップで拡大した後に、中国の経済が遅れて、2014年に7%のすぐ上で成長する。
UBSのエコノミストによると、それは、次の2、3年で6.5%に落ちることを予定した。
それから、チャールズシュワブで、主たるグローバルな投資戦略家ジェフリー・クライントップ(Jeffrey Kleintop, chief global investment strategist at Charles Schwab)は、「それは、次の10年で5%以下である。」と、言う。

スターターのために、それは事前の予想から急勾配な落下を表している。
エコノミストは、3年前くらい最近、2016年まで、中国がまだ8%クリップを乱暴に育てていた場合 と予測していた。

より大きい心配は、減速で中国が、パスの多くの出現経済を完全に挫折させるフェーズに達したことになることを意味していることである。それは、何人かのエコノミストが開発による「中間所得層の罠(the middle-income trap)」と称する段階である。

一方では、ますます多くの中国人は中流のステータスに近づいている。それで賃金は上昇中である。それはよさそうに聞こえるけれども、上昇人件費は、より古く、産業のセクタの中国の競争力で向こうに刻む。
T.ロウ価格アジア機会資金のマネジャーのエリックモフェット(Eric Moffett, manager of the T. Rowe Price Asia Opportunities Fund)は、「あなたはより多くのメーカーを見ている 他、インドネシア、ベトナム、およびフィリピンのようなより安い市場を見る。」と言う。

それは、日本でもバブルで起こった中流ステータスによる、欲望の罠である。
贅沢を覚えると、後戻りできなくなる、

同時に、国の新しい消費者中心経済を、完全に組み立てる必要がある。
中国の都市で人口の半分が、中流であるように、その国家の標準により考えられるけれども、地方でまだライブである中国人の半分、およびそれらの家庭の大部分は貧しい。
これを悪化住宅市場と結び付く。
中流階級のための富の大部分を説明し、あなたは、なぜ中国が、その繁栄への道を買っていることができないかをわかることができる。

中国の場合、さらに共産党への資金の集中という大きな罠が待ち構えている。

この中間の段階は、一般に急成長中の経済がかなり低速ギアに切り換える時である。
「過給される」拡張の延長された期間の後に、これらの経済は、ハーバード教授ローレンス・サマーズとラント・プリチェット( Harvard professors Lawrence Summers and Lant Pritchett)による最近のレポートによると、それらがグローバルな成長のより典型的なレートに後退する数年の間損害を被る傾向がある。

場合によっては、ブラジルのように、この減速のため、経済はその最終的な歩みを高度なステータスに持って行くことができない。
ブラジルが1年あたり1967年から1980年までの5.2%を拡張していたけれども、その成長は、1981年から2002年まで毎年1%未満に遅れた。

誰も、ブラジルのような世代のために、中国がこの罠に貼り付けられると言っていないけれども、中国が8%から10%までより4%から5%までに近い長期的成長レートを見ることができた。

急速成長すると、そこに歪みができ、その歪みが罠に成長する。

先読みは、過去の歴史の教訓が生かされる。

過去を知らないで、未来は予測できない。
ただし、そこに新しい発見や発明が加味され、同じところに着地しないことから、歴史の教訓に何を加味して修正するかと言うことになる。

それを予測することは、占いより難しいが、占いは科学的ではないが、経済の未来予測は勉強しただけ、精度が磨かれ、同時に複数の未来を予測でき、その判断をどんどん修正することで現実に近づく。

最近の未来予測は、全てがそのように修正しながら、最終着地点の精度を上げている。

昔のような思いつきの時代は終わった。

最近では、Googleの検索やTwitterのトレンド情報、Facebookの話題の流れと言った動向も未来予測に加味される。
それは同時に、新聞やテレビの垂れ流し情報を否定するようになっている。

そこで注目されているのが、ビッグ・データの分析である。
ただし、明確な根拠と、時間軸による修正がない未来予測は、犯罪である。

2014-12-31---コーヒーを忘れて、あごひげを剃り落とし、どのように2015年を迎えるか?
2014-12-05---20年前の50人が選んだ未来予測。
2014-10-08---ビッグ・データをがりがりかみ砕く機械が上司になるかもしれない。
2014-01-24---Macの後、次の30年のコンピューティング。
2013-12-12---スマートフォンの5つの近未来予測。
2013-10-23----Nutonianは、データから未来予測の「物理学の法則」抽出でUS$400万を集めた。
2013-09-28---人口増加はコントロールできない!?未来予測は時間で誤差が拡大する。
2013-08-27---ビッグデータは、どのように世界を変えているか?
2013-08-18---未来の都市。あなたはスマート・シティに住みたいですか?
2013-07-22---ジュール・ヴェルヌから、スタートレックへ、SFは将来を示したか?
2013-02-01---歴史的な未来に向けた10種類の絵。
2012-12-25---日経BP社の「未来予測レポート2013-2025。」は当たるのか?
2012-01-16---100年後の20の未来予測!
2011-12-29---BBC特派員の2012年未来予測!
2011-06-07---より良い来世を造れるか?
2011-01-01---2011年は、世界でお金が変わります!
2009-07-14---携帯電話市場は未来予測の花盛り!---中東とアフリカ市場。
2009-07-14---携帯電話市場は未来予測の花盛り!---P2P支払い2011年に1億7,000
2009-07-14---携帯電話市場は未来予測の花盛り!---2016年にはOLED市場がUS$41億。
2009-07-14---携帯電話市場は未来予測の花盛り!---海上通信衛星コミュニケーション市場。
2008-12-18---すべての広告業界の未来予測は、まったく意味がない!
2005-10-31---Googleの未来予測!とそれに必要なこと。
2005-04-12---恥ずかしい未来予測。
2005-01-26---インターネット未来予測データベースを構築した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。