2015-01-20

中国初の空母の料金、中国、政府が「代金未払い」!?

経済戦争と平和

AFPは、中国初の空母としても沖縄大になったなった旧ソ連時代の船舶を購入した中国人男性実業家が、船の取得にかかったUS$1億2000万(約142億円)分の費用を中国政府から返金していないと主張していることが、015年01月20日の香港英字紙SCMP(South China Morning Post/華南早報)の報道で明らかになったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

男性は中国人民解放軍(PLA)所属バスケットボール・チームの元選手の徐増平(Xu Zengping)で、ウクライナとの船舶購入の交渉役として中国政府に抜擢され、マカオで「水上カジノ」に使おうとしている実業家を装って「ワリャーグ(Varyag)」号を買い取り、中国軍へ引き渡した。船舶代はUS$2000万(約24億円)だったが、中国へのえい航してくる間に費用はさらに膨らんだ。

しかしサウス・チャイナ・モーニング・ポストのインタビューで徐増平は「わが政府からはまだ、100分(フェン、1元の100分の1)さえ受け取っていない。船をただ海軍へ引き渡しただけだ」と語った。

ワリャーグ号は数年がかりで改装された後、2012年に中国初の空母「遼寧(Liaoning)」として就航した。軍事力増強を押し進める中国軍にとって、象徴的な節目となった。

中国の国外投資に対する批判が高まる昨今、今回の香港紙報道から浮かび上がってくることは、中国軍と一部の裕福な実力者との緊密な関係であった。報道では、徐増平の資金源に関する情報はほとんどなく、徐増平が不動産業と観光業を主に「香港を拠点とする」実業家で、中国軍の軍事力を拡大させたいという動機によって関わったとだけ伝えている。

何も言わなければ---と言う発想は、国際社会で生き残れない。

2012-11-25---中国の航空母艦「遼寧」に、ジェット戦闘機を着陸に成功させた。
2012-11-14---中国の新しい将軍は、戦争未経験者が多い。
2012-10-14---日本の海軍は、中国と小競り合いの中で、軍艦を披露。
2012-09-25---中国で最初の航空母艦が運航した。
2012-03-04---中国軍事予算は、最高のUS$1000億!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.