AD SPACE

2015-01-19

日本の男性は、女子大学が入学を拒絶したので起訴!

性とメディア

BBC Newsは、日本人男性は、そこで勉強するために彼のアプリケーションを拒絶することについて女性大学を訴えたと、報告した。

バンコクポストにおいて出版された共同通信社リポートによると、名前を明らかにしなかった男性は、栄養学者になりたく、福岡女子大学(Fukuoka Women's University)で勉強するために適用される。

[AD] You can advertise on this site.

共同通信社のレポートによると。その大学は、この地域で希望のコースを実行する唯一の公立の大学である。

しかし、それは彼のアプリケーションを拒絶し、彼が議論する決定は、性差別に相当している。

日本の構成は、それらの性のため、人々が差別されるべきではなく、誰もが正しく等しい教育を受ける検知を持っていると述べる。

「公立の大学は、税金で維持されている公立のエンティティである。」と、彼は、福岡地方裁判所に申し立てられた彼の不満において言っている。

「もし私のアプリケーションが拒絶されるならば、私が、県または私立の大学の外で大学に行くことを強制されるので、栄養学者になるパスは狭いであろう。」彼の弁護士は、これが、日本で公立の女性大学の合憲性が問題にされたはじめてであると言う。

人は補償を要求し、彼のアプリケーションが受け入れられて欲しい。

彼が、組織を訴える彼の意図を発表し、大学役員が言った時の11月に「私達は、女性の教育を促進することの91年履歴を持っている。私達は、女性にリーダーシップの役割の準備をさせるために、教育を提供し続けると決定されている。」と言った。

男女共学の公立大学で、なぜそのような学部がないのか?
問題は、そこらにありそうである。
栄養学は、女性という古くさい考えがあるのだろうか?

外国人まで受け入れ、日本人の男性は拒否する。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE