2015-01-16

フランスで多く自慢された世俗主義(secularism)は、ニュートラルではない!

宗教政治

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、ローマの雄大なビショップをターゲットとすることの莫大な違い、および包囲されて、経済的にもろいイスラム教コミュニティがある。

今年の開始の時に小さなフランス町で、「豚肉または何もなし(pork or nothing)」方針で学校Sargé-lès-le-Mansが設立された。

イスラム教およびユダヤ人の子供は、豚肉を食べるか、または空腹のままである必要があると報告した。

国民戦線(National Front)リーダーであるマリン・ルペン(Marine le Pen)によると、見たところ、この動きは、「世俗主義の保存」に必要である。

「私達は学校昼食メニューの宗教の要件を全然受け入れない。」と、彼女は言った。

「宗教が公的なことに入るという理由が全然ない。」

無神論の合理性の輝かしい勝利(The glorious triumph of atheistic rationality)は、カトリック教会での危険な全体主義反啓蒙主義(the dangerous totalitarian obscurantism of the Catholic church)へ、共和党で、フランスの大きい基礎神話のうちの1つである。

そして、この神話内でメッセージは、自由、平等、団体がコード化されて、宗教が公的なことから抑制される時にだけ茂るかもしれない。

このイデオロギー空間の開拓地が何に関係したかを覚えていることに値する。

18世紀の終わりに、カトリック教会を背景としたフランスの戦争はその血まみれの結論に達した。

1794年の復活祭(Easter 1794)によって良心の自由がフランスで40,000の教会の大部分を強制的に閉鎖したと、一度宣言したのと同じ革命である。

教会プロパティの没収および十字と聖杯の打ち壊しから始めたものは、ギロチンで、強制された変換および聖職者と修道女の屠殺によって終えられる。

それは、この期間、いわゆる「恐怖時代(Reign of Terror)」に、現代の英語terrorismの語源テロ-(Terror)はフランス語のterrorismeから派生しているが、その起源を持っていることである。

現在IS(Islamic Stateイスラム国家)から病気のプレス・リリースのように聞こえるもののは、「テロが機敏で、厳しく、曲がらない公正を除いた何もではない。従って、それは美徳の発散である.」とロベスピエール(Robespierre)で文句を言う。

歴史家マーク・レヴィン(Mark Levene)が「現代の大量虐殺の原型(an archetype of modern genocide)」を呼んだかにおいて、Vendéeで終わって、彼らは世紀前の信頼に忠実なままだった人々が、大虐殺された。

フランスの体系的なde-Christianisationは、硬化症の宗教の自然で、必然的な崩壊、および教化合理性の自然で、必然的な上昇ではなかった。

それは、殺人的で、国が後押しする抑圧であった。

もちろん、カトリック教会がそれの到来を持っていたと思う人々である。

それは、フランスの富の莫大な釣り合いを隅に置いた。

それは、粉末化されたかつらに君主政治との危険なほどに共生的な関係および反動的な貴族を持っていた。

しかし、最近は、カトリック教会はフランスの状態にどのような政治的な挑戦もない。

そして、Charlie Hebdoなどの出版物が、それらの粗野な反事務のきまり文句、通常、冗談が、ビショップにおいてだめにするお互いにバリエーションである所によって持続する理由は、実際、フランスの自覚の強力な系統が、外部の宗教脅威の感覚を必要とし、どれに対して自身を形成するかである。

しかし、ローマの雄大なビショップをターゲットとすることの莫大な違い、および過ぎることにフランスの状態のおかげの非常に多くのノックおよびその植民地人を受け入れ、包囲され、経済的にもろいイスラム教コミュニティがある。

ラブレー風の嘲笑はサウード家(House of Saud)をめざしたか、またアブ・バクル・アル-バグダディ(Abu Bakr al-Baghdadi)は1つの物である。不満を抱いた周辺それに向けられて、しかし、いじめて、先導している。

疑い深く、必要があるそのフランスの世俗主義は、マリン・ルペンなどの人種差別主義者がそれをそんなに熱狂的に防御し始める時に意味しているニュートラルな物ではない。

それなのに、アルカイダ(al-Qaida )のリーダーが、その宗教の市民においてもう一度宣戦布告するのを見るように、フランス人が述べるより多く望んでいることは何もない。

彼らは、パリの外の流し台地所で、多くの若く、不満を抱いているアラブ移民が、戦いにうずうずしていると知っている。

フランス政府はそれを彼らに与えてはならない。そして、それは、貴重なlaiciteを再考することを意味している。