2015-01-14

不可思議で、美しいが、本物ではないiMac。

米国の雑誌「TIME」は、この豪華で、リバイバルな概念をチェックして欲しいと報告した。

アップルIIシリーズのようなアップルのオリジナルで、角張ったデスクトップ・コンピュータを記憶しているか?
もしアップルが、それらの古いマシンからの現代のiMacをデザインに採用したなら、そして、現代のiMacのスリムなアルミニウム単一ボディでそれらを溶融させることをデザインしたら?

それは正確にであるものカーブラボ(Curved Labs)のデザイナーで催されて、このあと戻りiMac概念を作る時に気にする。それらのデザインは、後ろの外の1束のマスをもぎ取る間、現代の面を昔のアップルコンピュータに置いた。

それが本当の製品ではないが、曲げられたチームは、11.6インチタッチスクリーン、128GBの堅固なストレージ、SDカードスロット、カメラ、およびマイクロフォンのように、それらの概念iMacが現代のデスクトップのすべての設備を持っていると言っている。

ただ、私のように無線マウス。無線キーボードが許せない、さらに大きなモニターが好きなものにとって、ただ単に、ご苦労さんとしか言えない。

では、iPadのデスクトップ版?
そんなの不要である。