2015-01-15

北京の地下鉄では、無料の電子ブックが入手できる。

電子ブック

BBC Newsは、地下鉄で読むために、何を見つけることができるか?

今や北京で、旅行者が無料の電子ライブラリにアクセスすることが少し容易になったと報告した。

中国のBTVニュースチャンネルリポートによって、人々が、タブレットまたはスマートフォンで都市の地下鉄機能バーコードのライン4の車輌で入手できると報告している。

彼らは、すべての2、3月で変更する10冊の本の選択から選ぶことができる。

入手可能な最初の本は歴史中国テキストについてである。

都市政府は、「私は、伝統的な文化をポピュラーにするために、私達が大きく、効果的で、便利なツールを見つけたと思う」と、言う。

は国立図書館とともにイニシアチブをサポートしているスポークスマンのロンジュン(Rong Jun)は、

役員は、それが、もっと読むように人々に勧めることを望み、地下鉄でインタビューした乗客は、新しいサービスに満足であった。

「それはかなり興味深い」と、e-ライブラリを使っている1人の人が、CCTVニュースチャンネルに言う。

別の人は、「あなたは伝統的な中国文化の理解を得ることができる-それは優秀である。」とチャンネルに、それが、人々を旅の間に占められるようにしておくのに役立つと言う。

「しばしば、あなたは長い間地下鉄に座っている」
「今や、あなたはバーコードを詳しく調べて、本を読むことができる。たとえしばらくあなたがちょうどブラウズしているところでも、それはかなりよい。」と、彼は言う。

このサービスは、ぜひ日本でもすべきである。
とくに、著作権の切れた小説や英語版の日本の歴史と文化なども配信し、世界中に持ち替えて、日本の良さをしら説べきである。

2020年東京オリンピックの電子ブックは、面白い!

例えば読売新聞が紹介した2020年東京オリンピックのガイドを無料の英語版電子ブックにして配布すると、いろいろなことに、発展できる。その効果は絶大だろう。