2015-01-15

フランシス法王のフィリピン・アジアツアー。

宗教

BBC Newsは、フランシス法王は小乗仏教国スリランカに続いて、国家の8000万人がローマ・カトリック教徒である5日訪問のためのフィリピンに到着したと報告した。

飛行機から降りるとき、キャップが飛んだ!
あのキャップは、どうなったのか?
フィリピンではいろいろ起こる。

彼を歓迎するために教会の鐘が全国的に鳴る間、彼はマニラ空港でベニグノ・アキノ大統領(President Benigno Aquino)に出迎えられた。

法王の訪問のハイライトは、日曜日のマニラ莫大な野外のミサ、および2013年11月に破壊的な台風の生存者と会うタクロバン(Tacloban)への訪問である。

セキュリティは、2人の前の法王を殺す失敗した試みの後にきつい。

数万人の兵士と警察は配備された。

フランシス法王、彼が衝突ヒット国家の単一性を要求し、その最初の聖人を列聖したスリランカからフィリピンを訪問する4番目の司教である。

フィリピンの1億人の人々の80%がカトリックである。
莫大な群衆は訪問の個々の段階で予期される数10万人の人々が空港から彼のルートに線を描いている。

3日間を公休日は、交通をクリアするために、首都で宣言された。

フィリピンのカトリックビショップ会議のプレジデント 大司教ソクラテス・ビジェガス(Archbishop Socrates Villegas, president of Catholic Bishops' Conference of the Philippines)は、「彼がするすべてのステップで、すべてで車乗り、彼が取り、絶えず、彼が私達の所に泊まる。私達のために貴重である。」「彼が通り過ぎるのを見ることは猶予である。」と言った。

フランシス法王はタクロバンである日に費やす。そこで2013年に6,000人を超える人々が台風海晏により殺された。そのエリアはまだ大規模な嵐から再構築中である。

主要なマニラの大司教ルイスアントニオ・タグレ(Cardinal Luis Antonio Tagle, Archbishop of Manila)は、法王がメッセージを気候変化に配達することを期待すると言った。
何人かのエキスパートが嵐を部分的に帰していた。

法王が不均衡や生殖に関する権利などの問題に対処し、離婚させるかどうかが尋ねられて、「彼の省は新しい教えを発明することになっていないけれども、彼はまったく敏感である。彼は、私達が直面している新しい現実によって教会の教えに橋を架けたい。」と彼は言った。

日曜日に数百万人の人々が首都のリサール公園(Rizal Park)の野外ミサに出席することは期待されている。組織者は、群衆は、ミサのために法王ヨハネ・パウロ二世(Pope John Paul II)によって1995年に集まった500万を越えているかもしれないと言う。

軍隊主要なグレゴリオ・カタパン将軍(Military chief General Gregorio Catapang)は、最高40,000人の保安要員に、法王安全を保持することによって負担をかけられると言った。

「そこで、法王を群れによって出会わせて、教会およびすべて、公的なイベントに出席するために招待された他のすべてのメンバーと会う間のバランスが必要がある、それだけでなくで、危険から彼を少なくとも遠ざける。」と、彼は言った。

アキノ大統領は、月曜日のテレビ放送されたアドレスにおいて、法王を保護することを手伝うことをすべてのフィリピン人に勧めた。

1970年に、彼がマニラに到着した時に、ボリビアの画家は、彼を傷つけてパウロ6世(Pope Paul VI)を刺した。
1995年に、法王ヨハネ・パウロ2世(Pope John Paul II)の訪問の1週前に、警察は、彼の自動車行列を爆撃するために、イスラム教の過激論者によってプロットを妨げた。

リサール公園(Rizal Park)のGoogle Earthポインター情報
14°34'56.9"N 120°58'41.9"E
または、
14.582467, 120.978308

2015-01-13---フランシス法王は、小乗仏教国スリランカで、『真実の追跡』を勧める。

Related Dates