2015年01月14日

10年前、ホイヘンス・プローブはタイタンの表面に着陸。

宇宙

NASAは、10年前、地球からの探検家は異質な月のもやに不確かな運命とともに、パラシュートで降下したと報告した。

優しい下降について続く2時間より多くの後に、それは、凍った玉石により取り囲まれた寒冷な氾濫原にドスンと上陸した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この偉業によって、ホイヘンス調査(Huygens probe)は、太陽系の外の月で人工の最初の着陸を遂行した。

ホイヘンスは、サターン(Saturn/土星)の月の中で最も大きいタイタン(Titan)に安全にいた。

土星の月タイタンのこれらのイメージは、4つの種々の高度で2005年01月14日にホイヘンス調査により撮られた。

それがタイタンの表面に上陸したので、イメージは、調査の下降イメージャー/スペクトル放射計(the descent imager/spectral radiometer)から、眺めのならされたメルカトル(Mercator)の投影である。

カッシニホイヘンス任務(The Cassini-Huygens mission)は、NASA、ESA(European Space Agency/欧州宇宙機関)、およびISA(Italian Space Agency/イタリア宇宙局)の協力的なプロジェクトである。

パサディナのカリフォルニア工科大学の部門NASAのJPL(Jet Propulsion Laboratory, a division of the California Institute of Technology in Pasadena/ジェット推進研究所)は、ワシントンのNASAの科学任務指導者職(Science Mission Directorate, Washington)ための使節を管理する。

JPLはカッシニ人工衛星をデザインし、開発し、組み立てた。

NASAは、ホイヘンス調査、下降イメージャー/スペクトル放射計、およびガスクロマトグラフマス分光計の2つの機器を供給した。

mage Credit: ESA/NASA/JPL/University of Arizona

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。