2015年01月12日

オリジナルのマールボロ・マンの内の一人が死去した。

美容と医学の科学

ワシントンポスト(Washington Post)は2015年01月15日に、オリジナルのマールボロ・マン(Marlboro Men)の内の一人ダレル・ウィンフィールド(Darrell Winfield)が死去した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

ダレル・ウィンフィールドは、ワイオミングで2015年01月12日に85歳で死去した。
アメリカのたばこ会社のための男らしさの面になった大農場経営者であった。

ウィンフィールドは1968年に、ワイオミング州ピネダレ(Pinedale)の牧場で働いていたとき、彼がフィリップモリスのためのレオバーネット広告代理店(Leo Burnett advertising agency)に発見された。
それが、雑誌とテレビ広告のでこぼこの男らしさのイメージを与えて、タバコを人に販売しようとする彼の顔はブランドによって遍在した。

1950年代以来、マールボロ・マンは本当の大農場経営者と俳優のスレートにより行われている。
しかし、ウィンフィールドのために、それは全然行為ではなかった。

彼は商業用の射撃で、モデルとアシスタントとして働き、その間中、大農場経営者として彼の人生を維持した。しかし、明るい広告代理店のライトなしでは、一度彼の「ライフは基本的に同じであったであろう。」彼が言った。

彼らが対抗したために、重労働、タフさ、および魅力のシンボルとしてのタバコとして、過去の物であるマールボロ・マンとして、しかし、すべてでタバコを吸うことのより暗い遺産は残留した。

ロサンジェルス・タイムズによると、マールボロ・マンのうちの最低4人は喫煙関連の病気のため死んだ。

ワイオミング報道機関によると、どのようにウィンフィールドが死んだかが不明瞭であるけれども、彼は「長い病気」に苦しみ、彼の家でホスピスの世話であった。

彼は、死までフィリップモリスブランドに「忠実であり」続けたと、 彼の死亡記事は言った。

フィリップモリスのスポークスマンはお悔やみをウィンフィールドのファミリーに提供したけれども、会社が彼の死についての少しのコメントも持っていないと言った。

一部では、キューバを経済制裁するためにタバコが禁止されたとも言われていた。

2014-07-18---雑誌「TIME」が1969年7月25日を思い出し、その前とその後。
2014-01-26---元マルボロの広告に出ていたエリック・ローソン、喫煙関連の疾病で死亡。
2012-12-19---たばこメーカーのジャンプアップは、マリファナ市場への進出?
2011-08-17---タバコ会社5社が、警告ラベルでFDAを訴えた。
1995-08-21---ABC NewsがUS$100億を支払って、名誉棄損訴訟に決着をつけた。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。