on-the-time.jp

2015年01月13日

2015年末に、非接触ペイメントは3000万人が使用。

モバイル・マネー未来

Mobile World Liveは、デロワット(Deloitte)により作られたテクノロジー、メディアとテレコミュニケーション実行(technology, media and telecommunications practice)で、2015年のための予測で、グローバルなベースで6億から6億5000万までのNFC搭載の電話が出荷され、2015年末までに、その約5%は、10回のうちの1回非接触による支払いを毎月、より規則的に用いられると予測した。

5%がたくさんのように聞こえないかもしれない間、レポートは、用法が非常に低いレベルにあった時に、それが2014年から中間重要な増加であったと伝えている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

デロワットのリードテレコムパートナーであるエド・マースデン(Ed Marsden, lead telecoms partner at Deloitte)は「私達は、2015年に、NFCで可能にされた支払いの増加を予期しているけれども、このテクノロジーは、しばらくの間支払いの他の方法のそばでまだ存在しそうである。」と言った。

レポートによると、2015年は、主流として満足な金融機関、小売り店、消費者、テクノロジーベンダ、およびキャリアのための必要条件が十分にアドレスされる最初の年である。

それは、また、2015年終わりまでに、UKおよび開発された市場の大多数で、最も大きいカード発行人によってNFCベースのスマートフォン支払いを作動させることを期待している。

非接触のスマートフォン支払いは魅力的であると判明する。
なぜなら、それはより大きい証券を持って来るけれども、支払い入り口およびそれを越えて追加の識別が必要なトランザクション限界を置く、非接触カードに対抗したアカウントホルダーの使っている限界を装備しているから、クレジット・カードまたはデビット・カード限界と同じであるかもしれない。

レポートは、彼らが非接触のカードの概念に詳しくなり、電話での指紋認識を使うことでコンタクトレスのスマートフォン支払いのために消費者がより無防備であることにも注意する。

しかし、顧客教育とマーケティングは、電話を使うことを支払う能力の増加自覚に必須である。
その上、レポートは、すべてのプレーヤーが、どのように非接触のスマートフォン支払いがいっそう安全にされうるかを考慮するべきであると伝えている。

Strategy Analyticsによる最近の研究により、2020年にアジア太平洋地域がNFC-ベースのスマートフォンを経た支出の中で最も大きいシェアを説明することが明らかにされた。

領域は北アメリカで31%と西ヨーロッパの21%である。

デロワットは、初めて、2015年、販売の生成約£2000億においてスマートフォンアップグレードの数が10億に達するとも予測し、物機器のすべてのワイアレスのインターネットのその60%は、消費者ではなく、企業および産業使用に買われると予測している。

2014-12-18---アジア太平洋地域は、NFC支払いを先導している。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。