2015年01月12日

LoopPayは、インド、中国、と日本での開始を視野に入れた。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、テクノロジーによって、ハードウェアアップグレードを必要としないで、小売店がモバイル支払いを受け入れることを可能にする米国の企業LoopPayは、通信社PTJ(Press Trust of India)とのインタビューで、多くの目立つ国際的なスタートを一列に並べていると報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ラスベガスで開催したの国際CESイベントで、LoopPay CMOグレゴリー・マン(Gregory Mann)は、「私達は、インドを含む2015年遅くに私達の存在を拡張するのを見ている。
私達はインドを信じて、中国と日本は、このテクノロジーへの欲望を持ち、と言った。

LoopPayは、自身のMST(Magnetic Secure Transmission/磁石確保トランスミッション)テクノロジーを開発した。

それによって、小売店は、それらの既存の貯蔵可能間ハードウェアを交換せずに携帯電話を装備される買物客から支払いを受け入れることができる。

しかし、ユーザーは、フォッブを運ぶ(carry a fob)か、または支払いをするために、名刺入れ(card case)をそれらの携帯電話に追加する必要がある。

LoopPayが、会社のプロフィールを押し上げたサムスンとパートナーシップについての話にあるのは、最近報告された。

2015-01-08---LoopPayは、サムソンGalaxy分配を始めた。
2014-12-16---サムソンが、ライバルのサービスApple Payをレポート。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告