on-the-time.jp

2015年01月12日

中国のAlibabaは、インドのm-pay会社での投資を導く。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、ロイターによると、アリババ(Alibaba)と、そのモバイル・マネー・ユニットであるアリペイ(Alipay)は、インド人のオーナーであるPaytmと呼ばれる主要なm-コマースのプラットフォームOne97 Communicationsの30%から40%までの増資株式を取得するために、交渉していると報告した。

この価格は約US$5億5000万である。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

それは、e-コマースとしては小さいけれども急成長中の市場を持っているインドに、携帯電話を経て実施される多くの中国の巨人の侵略で最初である。

投資が1月の終わりに。公式発表されることは期待されている。
AlibabaとAlipayは、従って、希釈現株主の新しいシェアを配付される。

現株主は、創立者ビジャ・シェカール・Intel Capitalシャルマ(Vijay Shekhar Sharma)だけでなく、インテル・キャピタル(Intel Capital)、セイフ・パートナー(Saif Partners)、サーマ・キャピタル(Saama Capital)、およびサファイ・アベンチャー(Sapphire Ventures)を含んでいる。

One97は、Paytmを国の最も大きなデジタルの商品およびモバイル、商業プラットフォームにするために出資を用いたい。

関係するパーティーのどれも公式にコメントしない。

リポートは、先週、他の起こり得る原告として、テマセク(Temasek)とアマゾン(Amazon)を含むOne97に任命した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。