on-the-time.jp

2015-01-12

中国のAlibabaは、インドのm-pay会社での投資を導く。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、ロイターによると、アリババ(Alibaba)と、そのモバイル・マネー・ユニットであるアリペイ(Alipay)は、インド人のオーナーであるPaytmと呼ばれる主要なm-コマースのプラットフォームOne97 Communicationsの30%から40%までの増資株式を取得するために、交渉していると報告した。

この価格は約US$5億5000万である。

[AD] You can advertise on this site.

それは、e-コマースとしては小さいけれども急成長中の市場を持っているインドに、携帯電話を経て実施される多くの中国の巨人の侵略で最初である。

投資が1月の終わりに。公式発表されることは期待されている。
AlibabaとAlipayは、従って、希釈現株主の新しいシェアを配付される。

現株主は、創立者ビジャ・シェカール・Intel Capitalシャルマ(Vijay Shekhar Sharma)だけでなく、インテル・キャピタル(Intel Capital)、セイフ・パートナー(Saif Partners)、サーマ・キャピタル(Saama Capital)、およびサファイ・アベンチャー(Sapphire Ventures)を含んでいる。

One97は、Paytmを国の最も大きなデジタルの商品およびモバイル、商業プラットフォームにするために出資を用いたい。

関係するパーティーのどれも公式にコメントしない。

リポートは、先週、他の起こり得る原告として、テマセク(Temasek)とアマゾン(Amazon)を含むOne97に任命した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.