2015-01-12

電子ブックより、印刷版の書籍の方が、精神により良い理由。

電子ブック

ワシントンポスト(Washington Post)は、アメリカ大学で言語学の教授、および教育、研究、および学習のためのセンターの常勤取締役(professor of linguistics and Executive Director of the Center for Teaching, Research)で「Words Onscreen: The Fate of Reading in a Digital World」の著者あるナオミS.バロン(Naomi S. Baron)は2015年01月12日に、電子ブックと印刷版の書籍の比較をしたと報告した。

休日に、e-読者(e-reader)を持った。

あなたは何の上でそれをそれに積み込むべきであるか?

私達は読書をする場合、ハードコピーの本対電子的に読むことの長所と短所をたくさん知っている。

[AD] You can advertise on this site.

問題があることも、私達は多く聞く。

悪いものを手にとってはならない。デジタルで読むいくつかの本当の利点を知っている。

人々に、彼らが、デジタルのスクリーンにおいて、米国、ドイツ、日本とスロバキアの数百人の大学生に読むことについての問題で、何が最も好きであるかを尋ねた。
再び「持ち運びやすい」「コンパクト。」など、便利さを耳にする。

私達は、学習機会を民主化するので、電子テキスト、特に、それらがオープンアクセスか、または寄付する時に活発であるとも知っている。

ただし、アメリカまたはWorldreaderのデジタル公立図書館のようなプロジェクト(projects like the Digital Public Library)を見る。

デジタルの読みのためのより多くのポイントとして、アメリカ以外での税金構造は時々比較を複雑にするけれども、e-本は印刷バージョンより安い傾向がある。

木について考えなさい!という、環境の議論もある。
まだ、このケースの健全さが論証可能である。

e-リーダを築くために私達が使い果たす地球金属およびタブレットはまさにまれではなく、非常に有毒である。
そして、サーバーと冷却ファンを走らせるために必要なすべてのそのエネルギーについて考えなさい。
そして覚えていなさい。
木は、更新できる資源である。

そして、ハードコピーの訴えがある。

私を魅了するものは、喜びと学校または仕事のために読む時に何人の人々が、ティーンエイジャーからmillennialsへの一定の年齢で、だれが、印刷を好むかである。

例を私自身の研究から引くので、「実際回しているページの魅力」、および「新しい本の香り」など、理由のうちのいくつかが審美的である。

他の成果は、「私がどれくらい読むかをわかることができる」の感覚で、注釈が容易に「私はページに書き込むことができる。」および「私がであった所で居住しやすい」ナビゲーションに関係する。

対比において、目について 、およびスクリーンを使う時の頭痛の豊富な不満を聞くこと。

印刷版を読む多くの学生が、それらの精神について関係したことが多かった。

彼らは、「私の空間のメモリーは最もよく働く。」と、「私の頭のコンテンツ・スティックがより容易に欲しくなる。」という「行うことがより容易である。」と言った。

いくつかが、それらに、プリントされたテキストによってより多くの時間かかり、より慎重に読むことも認めた。本当に、デジタル・スクリーンが、次のWebサイトまたはツイートをつかむためにスクロールを促進し、以来、私達を早めているのに驚いた。

しかし、フリーサイズ電子読書の本当の命取りは、集中であった。

調査した結果、それらの92%より多くが、ハードコピーを読む時にそれらが最もよく集中すると言った。

この説明は、ほとんどロケット科学ではない。

デジタル機器がインターネット接続を持っている時に、船を飛び越す誘惑に抵抗することが困難である。
ただし、受け取るのを聞いたそのテキストで、ヘッドライン、注文をチェックし、販売中にあるそれらのブーツに対する反応である。

読者は人である。

もしあなたが、注意散漫で、もしまたは、私達が、それらが単に向こうのクリックまたは読み取り機であると知っているなら、見せびらかすなら、餌を取らないことが困難である。

どれのために、どんな種類の表示で、画面上のために、それが意味をなすかの問題を思い出させる。どれが紙のために確保する。

もしデジタルの割込みが、あなたの楽しみまたはテキストを理解する恐れがないならば、メディアは重要ではない。
しかしここでは、あなたは正直である必要がある。

いかにもアメリカのエッセイで、「調査した。」「研究した。」と言いながら、細かい分析データを一切紹介していない。

ヨーロッパでは、通用しないだろう。

最近、このような書き込みが増えている。

2015-01-09---最近、気になる日本経済新聞電子版のニュース-5「エスカレーターのマナー」

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE