on-the-time.jp

2015年01月12日

中央アフリカで船が炎上して沈没、乗客多数が行方不明。救助隊なし!

観光

AFPは2015年01月15日に、中央アフリカの河川で船が炎上し、沈没した。
乗客の100人近くが行方不明になっている恐れがあると、当局者が2015年01月15日に、述べた。

当局者によると、沈没事故が起きたのは2015年01月12日で、船のモーターが爆発し、火が瞬く間に船体を包み込み、乗客らは川に飛び込んだという。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

海軍関係者によると、事故を起こした船はニューエルサレム(New Jerusalem)号で、首都バンギ(Bangui)を出発した際には80人以上が乗船していた。事故はバンギの125km下流で発生したが、途中で乗船した客もいるため、乗客は100人以上だった可能性があると言っている。

これまでに収容された遺体は1人だけで、この海軍関係者は「(一帯には)救助隊が存在しないので、何人が死亡したかは分からない」と語った。

バンギの港湾地区の責任者ジョセフ・タグベール(Joseph Tagbale)も死者数の推定は困難だと述べ、「生存者がいないか当局に捜索を要請している」と語った。

首都バンギ(Bangui)のGoogle Earthポインター情報
4°22'01.2"N 18°35'01.6"E
または、
4.367006, 18.583783

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。