gaYa広告

2015年01月12日

フォトショップで作られた、見事なパリ行進の写真。

犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2015年01月12日に、2015年01月11日にパリで行われた世界的リーダーの行進の写真で、アナウンサーがフランスのテロの名誉犠牲者に議論を起こした超正統派ユダヤ人新聞を紹介した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

Mediaiteとして、言及された、イメージにおいて取り除くために、ほんの3人の女性がいた。
ドイツの首相アンゲラ・メルケル(Germahn chancellor Angela Merkel)、EU外交方針頭ファデリカ・モゲリーニ(EU foreign policy head Federica Mogherini)、およびパリの市長アンヒダルゴ'(mayor of Paris Anne Hidalgo)の3人だけがいた。

風刺のニュースサイトのウォーターフォードささやきニュース(satirical news site Waterford Whispers News)は事件で、新しいパースペクティブを提供した。フォトショップによって、からかい半分の表題 『パリ行進の外のフェミニスト新聞は、フォトショップで、男性世界的リーダー の下の写真 。』

世界的リーダーは、フランスのテレビニュースに示された広いショットの表示された後、月曜日に「偽りの団結」の告発に直面していた。それらは、パリでの100万人以上による行進をフランスのテロの犠牲者を尊敬することで「気にさせなかった」しかし、セキュリティ理由のための群衆からの、代わりに保持された。

イメージが超正統的なユダヤ人の新聞The Announcerは行進で世界的リーダーについて、新しい見通しを提供した。

ジャーナリストのヤィール・ローゼンバーグ(Yair Rosenberg)によって見つけられたように、イスラエルの新聞は群衆から女性をフォトショップ加工した。

Mediaiteによると、もともとそこにいた2人の女性は、写真から取り除かれていた。

もともとフォトショップは、イスラエルのサイテックス(Scitex)社が開発した、の元になった画像処理専門のワークステーションResponseのために開発されたので、深い因縁がある。

フォトショップのおかげで、多くの社会問題も開発した。

2014-11-06---モデルをエアブラシで処理することをやめる場合、何が利益で起こるか推測。
2014-10-24---今週インターネット上で、偽物だったもの!
2014-10-20---ストリートパフォーマーのBanksyは、名画をパロディー化。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

gaYa広告