on-the-time.jp

2015年01月13日

Charlie Hebdoの編集長の元カノ、葬儀列席拒否。

戦争と平和宗教ファッション人物政治犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、悲嘆にくれた弁護士ジャネット・ボーGrab(Jeannette Bougrab)は、先週シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)がイスラムの過激論者に攻撃されたフランス風刺雑誌のオフィスの後で迅速にパリ風の悼みに直面した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

涙を通して、その前のエディタステファン『チャブ』シャルボニエ(Stéphane ‘Charb’ Charbonnier)のガールフレンドは、10人のジャーナリストと2人の警察官の命を要求した銃撃の場面で一連のインタビューをテレビレポーターに与えた。

「彼が新聞を引き入れたので、私の仲間は死んだ。」と、彼女は言った。

「彼が、死のうとしていると知っていたので、彼は決して子供を持っていなかった。彼は恐怖なしで住んでいたけれども、彼は、彼が死ぬと知っていた。」

しかし、彼の家族が、これまで、2人が、委任された関係にあったことがあり、彼女に、式典から離れているように命じることを否定した後に、彼女は、恋人の葬式にもう出席しないであろうと宣言した。

Charbの兄弟ローラン・シャルボニエ(Laurent Charbonnier)は土曜日にファミリーのために、
「私達は、ジャネットジャネット・ボーGrabとチャブからどのような理性的な関与でも正式に否定する。私達は、彼女に、彼女がした方法で自身で表現してほしくない。」というを出した。

「私達は私達の家族の悼みへの敬意を要求する。」

「朝に、私は、仲間の遺体を見るために、検視官研究所で彼の両親とあった。」ジャネットボーGrabは、反応において述べた。

「けれども今や、私が、立ち去ることに合意した。私は彼の葬式に行かない。私は、それを求めて戦うために、力を持っていない。私は傷つけられて、破られる。」
「しかし、それらは私に戦いを求めて、世俗主義を取り除かない。」

彼女は、ファミリーが、彼女の「私の愛情を持つ最後の再会の間から奪った。」と思うと付け加えた。

「それらは、よって彼を2度殺した。」

ローランの言葉を聞いた後にまもなくパリス・マッチと話すことによって、母が言ったことを採用している。

「人間性は不快である。私達が両方の独立な個性であったので、私達はお互いに愛した。」
「私達は、私達の関係を発表するために、プレス・リリースをしなかったけれども、私達はそれを隠していなかった。彼は、私の母、彼、パパ に電話され、私の娘と会った。」

カップルの何人かの友人が彼女の主張を以来実証した。

アルジェリア人移民の娘フランス人ジャネットボーGrabは一度ニコラス・サルコジ(Nicholas Sarkozy)の政府で大臣であった。彼女の右翼政治的説得によりチャブと争って対抗された。彼は忠実に左翼であった。

週末の上のフランスの歴史で、最も大きな平和な抗議行進において、370万より多くが参加したときに彼女の決定は来る。

攻撃において死んだ17を記念してそれらがパリでの行進を導いた時に、ヨーロッパ全体からのリーダーが、フランス大統領Fフランシス・オランド(French president Francios Hollande)と接続した。

デイビッド・キャメロン(David Cameron)、スペインの総理大臣マリアノ・ラジョイ(Mariano Rajoy)、イスラエルの総理大臣ベンヤミン・ネタニヤフ(Benjamin Netanyahu)、パレスチナの大統領マハムード・アバ(Mahmoud Abbas)およびヨルダンの女王ラニア(Rania)すべてが行進に参加した人々の間にあった。

攻撃以来、シャルリー・エブが最初に2015年01月14日に出版された雑誌の表紙には、「すべては許される(Tout est pardonné)」とのメッセージの下で「私はシャルリー(Je Suis Charlie)」と書かれたカードを掲げながら涙を流すイスラム教の預言者ムハンマドを描いた風刺画を掲載することが分かった。

同紙は、発行に先立ち表紙をメディアに公開した。
この特別号の発行部数は300万部で、諸外国から引き合いがあったことから16カ国語に翻訳され、25か国で発売される予定であった。

同紙の腕利きの風刺画家5人を含む12人が殺害された銃撃事件を受け、「私はシャルリー」とのメッセージとともに同紙との連帯を示す運動が世界中で広まっている。

だが、同紙が再びムハンマドの風刺画を掲載することで、預言者をいかなる方法でも描いてはいけないと信じる一部の敬虔なイスラム教徒からの反発が強まる可能性がある。

2015-01-13---ヨーロッパのAnonymous vs イスラムのAnonymousの戦争
2015-01-12---Charlie Hebdoの虐殺容疑者で指名手配の女性は、シリアで生きている。
2015-01-12---Anonymousは、宣言通りフランス過激論者Webサイトを奪取!
2015-01-11---世界中からリーダー約40人がパリに集まり行進が始まった!
2015-01-11---Twitterの#タグ「#JeSuisCharlie」、投稿回数が世界最大になった。
2015-01-11---Charlie Hebdoの風刺画を掲載したドイツの新聞社に放火攻撃!
2015-01-10---コアチ兄弟の隠れ家の流し台に隠れて情報を配信したグラフィック・デザイナー。
2015-01-09---フランスの2カ所で起こった人質事件。
2015-01-09---ハクティビストAnonymousは、Al Qaeda、ISなどにメッセージを送信。
2015-01-09---殺されたと言われた女性のパリ人質犯は、脱出したかもしれない。
2015-01-08---フランスの攻撃は、さらに拡大。
2015-01-08---パリのCharlie Hebdo攻撃で、世界中の報道機関が結束した。
2015-01-08---Charlie Hebdo攻撃の被害者全員のプロフィール。
2015-01-08---ヨーロッパの移民排斥党は、パリのテロ攻撃でチャンスを得た!
2015-01-08---パリのCharlie Hebdo攻撃のメディアのトップページ。
2015-01-07---インディペンデントの編集長は、ムハマド漫画の出版は危険すぎたと言った。
2015-01-07---パリの攻撃で、フランスで最も有名な漫画家と編集長が殺された!
2015-01-07---フランスの雑誌「Charlie Hebdo」への銃撃で12人死亡。
2014-12-22---中国の報道官华春莹は、第3国をターゲットとするサイバー攻撃に反対。
2014-12-20---北朝鮮、中国、ロシア連合軍と米国、日本、ヨーロッパ諸国とのサイバー第1次戦争?
2014-12-20---世界最大の企業ハックで、ハリウッドについて私達に教えた9つのこと。
2014-12-14---ハッカー集団、ソニーに宣戦布告の「Xマスプレゼント」予告。
2014-11-07---襲撃!400以上のダークネット・サイトをシャット・ダウン。
2014-03-10---「ダークウェブ」に住み着く、サイバー犯罪者。
2014-02-05---シルクロード「立案者」ロス・ウィリアム・ウルブリヒトを起訴。
2012-11-15---サイバー犯罪者、企業コンピュータへの侵入売り出し中!
2007-09-11---犯罪者は、マルウェア・スーパーマーケットを経営。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。