2014年12月07日

最近、気になる日本経済新聞 電子版のニュース-1「円の実力」

経済

日本経済新聞 電子版は、円相場が急落している。日銀によると、日本の貿易相手国通貨に対する円の総合的な価値を示す実質実効為替相場は1973年1月以来、約42年ぶりの弱さになっていると報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

当時の円相場はUS$1=約300円で、1973年2月の変動相場制移行後で最低となる。
対ドルやユーロ、アジア通貨も含めた円相場の歴史的な全面安といえ、輸出には近年ない好条件となる半面、輸入や海外への旅行には強い逆風となりそうである。

円相場は10月末の日銀の追加金融緩和以来、下がり続けている。
2014年12月05日のニューヨーク市場で一時US$1=121円69銭まで売られ、
約7年4カ月ぶりの安値をつけた。
2010年を100とした円の実質実効相場も11月中旬時点で70.88で、1973年1月の68.88以来の低い水準である。その後の円安の進行でさらに弱くなっているとみられる。

世界の通貨をみわたすと、ドルと連動性の強い中国の人民元も上昇している。
日本との貿易関係が強い米国や中国の通貨の価値が高まると円の実効相場を押し下げる。

輸出企業にとっては円安や低インフレで海外との競争条件が歴史的にも有利なことを示す。それでも輸出が伸び悩むのは日本企業の海外での現地生産比率の高まりなどの構造要因とみられると報告した。

日本への外国人旅行者はこのところ急激に増えており、高額品の消費などを積極化している。円安に物価の違いを加味すると、外国人が日本で買い物するには過去四十余年で最も有利といえる。

銀座三越には、多くの外国人が押し寄せている。
日本人は、もうすぐ特売になるので買い控えしているが、東南アジアから来た人は、それにあわせることができないので、有名ブランドのショップは、多くの外国人が買いあさっている。

一方、原材料などを輸入する企業にとっては負担の重さを示す。
ただし、行き過ぎた円安もいずれは円高方向に巻き戻すと予測している。

最も厳しい状態になっているのが、値上げができない100円ショップである。
しかし、台湾で100円ショップ、25%値上げ!?したことがある。
生き残るためには、米国の100円ショップ、99セント(約91円)の結婚式を提供。などが面白い!

2014-08-13---日本の経済は消費税を上げた後に、大きく縮んだ〜!
2014-03-25---エチオピアを改革している日本のカイゼン哲学。
2013-09-10---三越銀座店が、毎日売り上げ目標達成音楽!
2013-08-19---日本の貿易赤字は円安の後部で悪化。
2012-10-19---広州交易会第1期、日系買付業者は30%減。
2012-04-24---台湾で100円ショップ、25%値上げ!?
2011-10-11---北米の100円ショップ「99 Cents Only Stores」US$16億株式公開買い付けに同意。
2011-03-14---中国の「ベストバイ(BestBuy)」撤退で、同業からの買い手が殺到!
2010-08-18---イギリスの100円ショップ(£1ショップ)「Poundland」急拡大!
2009-09-09---米国の100円ショップ、99セント(約91円)の結婚式を提供。
2008-09-24---中国最大級日用雑貨展示会「義烏国際小商品博覧会」
1894-09-28---最初の「Penny Bazaar」を開店した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト