on-the-time.jp

2015年01月12日

捜査班は、AsiaフライトQZ8501から一方のブラックボックスと尾翼を回収。

観光

CNNは、インドネシア全国捜索と救助エージェンシー役員は、運命づけられたジェット旅客機からがれきパターンの分析を引用し、2015年01月12日月曜日にCNNに、AirAsiaが01時38分に海面に激突した後に、爆発したと言ったと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

単にSupriyadiと言う名前役員は、飛行機の尾部の一部が断片に分割されて、フライトレコーダーが1km以上吹き飛ばされていたので、彼がその結論になったと言った。

調査官は、月曜日に、彼らが、ジャワ海で、なぜ先月飛行機が墜落したかを理解する努力の主要なブレークスルーとして、両方のフライトレコーダーを発見したと言った。

インドネシアの捜索と救助エージェンシーのヘッドであるBambang Soelistyoは、ダイバーが飛行機の翼のうちの1つの残骸の下でフライトレコーダーを見つけたと言った。

主たる調査者Mardjono Siswosuwarnoは、捜索隊はまた見つけたけれども、飛行機についての情報の他のキーソースのボイスレコーダーは、衝突で壊れ、まだ回復されていないと言った。

彼は、ボイスレコーダーはがれきの下にあり、それが容易に取り戻されるという希望を言いった。

一般にブラックボックスとして知られている2つの機器は、インドネシアの都市ヤスラバ(Surabaya)からシンガポール(Singapore)に飛んで行ったボードの162人の人々と同じくらい、フライトQZ8501の墜落のミステリーを解明することに決定的に見られる。

データレコーダーが「調査者に適切な方向の莫大なステップ」であると気付いたと、CNN飛行特派員ルネ・マーシュ(CNN aviation correspondent Rene Marsh)を言った。「それが、前に持っていなかった多くの情報を彼らに与えるので、それらは重要である。」

すでに収集されていたがれきと結び付けられて、データレコーダーは調査者が使用可能にすることで、「本当に間違った方にこの航空機が行ったとき、正確に起こったことの絵を描き始めている。」とマーシュは言った。

2015-01-02---AirAsia QZ8501の捜索は、専門機器の到着で海底探査を開始。
2014-12-30---飛行機は飛行中に消えるし、落ちる!
2014-12-30---AirAsia QZ8504の残骸が多く見つかっている。
2014-12-30---職員は、がれきが行方不明の飛行機AirAsia QZ8501であると言った。
2014-12-28---インドネシアからのシンガポールへのAirAsia flight QZ8501が消えた!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告